QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「スマホ時代のタスク管理「超」入門」は、タスク管理に迷っていた僕のバイブル本となるのか?



タスク管理のバイブルとなるのか?

僕はスマホを手に入れたから、スケジュールは紙の手帳(アナログ)から完全にデジタルに移行できたが、タスクはスマホで管理したり、付箋紙(ポストイット)に書いたりとデジタルとアナログの混在で行っている。

タスク管理がデジタルとアナログの混在なので、めちゃくちゃで一貫性・統一性もなく、一元化されていない。

こんな最悪なタスク管理状態が何年も続き、改善する見込みもなく、ダラダラと今まで過ごしてきた。


ここで、やっと僕にタスク管理がうまくできるのか?と期待させる書籍が見つかったようだ。

それが、「スマホ時代のタスク管理「超」入門」。





このタスクは誰の不満かを考える

読み初めていきなり、次の文書を読んで、ドキッとさせられた。

「このタスクはやる気がしない。なぜ自分の仕事なのにやる気がしないのだろうか? 自分はだめ人間だ」などと、とんちんかんなことを考え始める。



ダメな自分に出会う。

ここ2年ほど仕事に対して、やる気が起きないときがあり、作業がサボりがちになるときがある。
モチベーションが湧かず、やる気が起きないというわけだ。
そう、2年ほど前に業務内容が変わってから、モチベーションが下がったようだ。

業務が変わって、具体的なやり方や方法を深く考えるずに、ただ漠然と業務を行っていたため、スムーズに業務が進んでいかない。とにかく、2度手間が多い。

この2年間で、やらなくてはいけないタスクを処理せずに、やみくもに業務遂行をしていた弊害が出てきたわけだ。

そのために、時としてやる気が失われて、自己嫌悪な日々を送ることもある。



そんな中、上記の文章に出会った。

タスク管理がうまくできていないから、モチベーションが下がり、やる気を失っているんだとわかった。


何かをやるためのやる気を出したい・出させたいといったときには、どんな不満がそれによって解消されるのか常に意識をする。

漠然とタスクを書き出し、処理するのではなく、「タスクをこなすことによって誰のどんな不満が解消されるのか?」ということを常に考えて書く必要がある。」


常に自分の仕事・業務において、そのタスクは誰のどんな不満を解消できるのかを考える。
つまり、この不満を解消する方法をタスクに変換して、仕事を行うってことだ。

このような考え方でタスクを書き出していけば、モチベーションを保ち、やる気を失
うこともなく、自己嫌悪に陥ることも少なくなりそうだ。


今、仕事がうまくできないのは、タスク管理ができていないからだ。

まだまだ「スマホ時代のタスク管理「超」入門」は序盤しか読み終わっていない。これから深く読んで、スマホでタスク管理を行うノウハウを知り、実行していきたい。
これで、仕事がうまくできるようになるかもしれない。
さえに、タスク管理で自分の夢も実現できる可能性もある。







↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。