QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「ブルーレイ大賞」って何?:「ブルーレイって売れてんの?」とつぶやく妻



第5回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞

BDオーディオも受賞:ブルーレイ大賞、グランプリは初の3D作品に - ITmedia LifeStyle



DEGジャパンが主催する第5回「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の受賞作品が発表された。
グランプリを受賞したのは、パラマウント ジャパンが発売した「ヒューゴの不思議な発明 3Dスーパーセット」。



妻がこのニュースを見て一言「何?ブルーレイ大賞って。ブルーレイなんて売れているの?」

違うんだよ、妻よ。
我が家の液晶テレビはフルハイビジョン対応じゃないから、ブルーレイの映画は見れないんだよ。
ツタヤでレンタルするときに、「DVDって書いてある映画を借りてね。ブルーレイって書いてあるのはダメだよ。」っていつも断っているだろう。

確かに、ツタヤではブルーレイの映画はDVDに比べて圧倒的に品揃えが少ないな。
あの青いパッケージは、DVDのパッケージに埋もれて目立たない。


この「ブルーレイ大賞」は、ブルーレイの普及促進を目指して開催されて賞。
思いのほか、ブルーレイの普及が進んでいない証拠なんだろう。

量販店のテレビコーナーを見ても、普及型の32型液晶テレビのラインナップに「フルハイビジョン対応」がほとんどない。
フルハイビジョン対応の液晶テレビが売れていないってことは、ブルーレイ映画なんてみんな見ない。


でも、宣言しよう!
我が家は3月にフルハイビジョン液晶テレビに買い換える!
すばらしく、迫力のある映画をブルーレイで見て、歓喜の声をあげることを!










↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。