QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




電子書籍リーダーを買ってからの自炊のすすめ



自炊するために電子書籍リーダーを買うのか? 買ってから自炊をするのか?

fc2_2013-02-01_22-57-52-473.jpg


そんな難しいことを言いたい訳じゃない。
本が好きで、いつでもどこでも本が読みたいなら、電子書籍リーダーを手に入れて、自炊するための環境を整えた方がいい。

「紙の本で読む環境」からガラリと「本を読む習慣・環境」が変わると思う。

そうは言っても、その環境を手に入れるのは、お金と手間が必要になる。


で、話の途中だが「自炊ってなに?」って思う人のために簡単に説明をしよう。
電子書籍に関する自炊(じすい)とは、自ら所有する書籍や雑誌を イメージスキャナ等を使ってデジタルデータに変換する行為(デジタイズ)を指す俗語。デジタル化(スキャン)の効率化のために、書籍や雑誌を裁断機やホットプレート、アイロン等で分解する行為までを含む。



自炊して電子書籍リーダーで本を読むためには、「電子書籍リーダー」、「ドキュメントスキャナー」、「ロールカッター」、「定規」を最低限、買わなくちゃ始まらない。

なんて、本を読むだけなのに6万円以上もお金を遣わなくっちゃいけないんだと思うよね。
お金を出して楽になるどころか、面倒な手順が増えていく。

仕方がないんだ。

読みたい本がほとんどないってほど電子書籍の品揃えが今は良くない。
自分が読みたい本を手に入れるのは紙の本を買って、自炊するしかないんだ。



そこまでして本を自炊して電子書籍リーダーで読むなんて、自己満足でしかないのか?

自炊をし始めたら、電子書籍リーダーで読むためのデータを作るための無限地獄が始まる。

「本を読むために自炊しているのか」「自炊してデータを増やしたいから本を読むのか」がわからなくなっていく。

時間さえあれば、ブックオフの105円コーナーで読みたい本を買いあさる。
今日なんて、ブックオフで105円の本を10冊も買ってしまった。
新刊なら「この本を買おうかな」、「今度にしようかな」なんて悩みながら買うのに、105円っていうだけで、気軽に買ってしまう。


本を買う行為が、「本を読むこと」よりも「自炊データを作りたい」という欲求に向かっている。

モノを集める趣味は持ったことがないのに、自炊データが100冊を越えてから、自炊データを増やしたいという目的・欲求に向かいつつある。


なんか、「電子書籍リーダーで本を読む」っていう本来の目的から離れつつあるのかな?


でも、将来に向けて、自分が読みたい本をデータ化するのは無駄ではない。
将来に向けての投資だと思えば悪くない。

本というのは映画・音楽以上に心を豊かにするコンテンツであり、未来永劫続くアイテムだ。

子供が離れていき、妻も離れていく孤独な将来に向けて、本・映画・音楽などのコンテンツを数多く持っている人が、未来を生き抜くことになりそうだ。











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。