QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




待ちに待った「お疲れさんアラーム」のAndroid版が出た!



11月にiOS向けの「お疲れさんアラーム」がApp Storeで配信された。
その時はAndroid版の配信予定が近日中となっていたので、iPodTouch(第4世代)にインストールして試してみた。

iPodTouch(第4世代)はiWifiしか対応していないので、外では単体ではネットに接続できない。
「お疲れさんアラーム」はネットに接続しないと経路検索が出来ないので、家で使ってみた。
その時、これは通勤電車の中で使えるかも思わせてアプリだったので、Android版の配信を待ち望んでいた。
そして、今回の配信。
AndroidMarketに接続して即インストール。




私の「お疲れさんアラーム」の使い方としては、電車寝過ごし防止としてではない。
なんせ、東京都内、近郊の通勤電車に毎日乗っているわけでシートに座れることは滅多にない。

今までは、音楽を聞きながらスマートフォンOptimus chat L-04Cで2ちゃんねるやニュースサイトを見て乗り過ごしたり、または小説を読んでいて夢中になり乗り過ごすことがたまにある。
だから、チラチラと乗降ドアの上についている電光案内表示を見て次はどの駅に止まるを確認をしている。
ときには、人の頭で電光案配表示が見えないこともあるので、アナウンスに耳をそばたてていなくてはいけない。
そんなことに毎日神経を使うことに疲れるので、このようなアプリの存在を切望していた。


まず、電車を待っている間にアラームをセットをする。
↓『電車寝過ごし防止アラーム』をタップして、




↓前回、入力した駅名がそのままなので、『検索』をタップする。




↓この画面が待機状態になり、所定の時間が経過すると・・・。




↓ヘッドホンから『ピロピロ』とアラームが鳴る。
スマートフォンOptimus chat L-04Cで音楽を聴いていても、アラームは聞こえるので安心。




応答ボタンを押すと、アラームの音が止まり、このような画面↓になる。



ヘッドホンを耳に指してなくても、アラームをオフでバイブレーションで知らせてくれる機能もあるので、背広の胸ポケットに入れていればいい。
さすがにLifeTouchNoteにインストールして使おうとは思わないが・・・。

このような企業宣伝アプリだけど、無料で配信してくれるのはうれしい。


「お疲れさんアラーム」のダウンロード先はここです。

↓ランキングにご協力ください。
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。