QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




楽天「kobo glo」の外部メモリーにmicroSDカードを指しているとフリーズしやすい?



microSDカードを指しているとフリーズしやすいという



僕自身は「kobo glo」にmicroSDカードを指して使っていないので、あくまでネットからの情報。


「kobo glo」を買ってから1週間ほどたつが、その間に自炊した小説を読んでいて2回フリーズをした。
その時「やはり、koboはダメか。KindlePWを買えばよかったのかぁ。」なんて思ってしまった。


僕が「kobo glo」を買った理由は、外部microSDカードが使えるという点だ。
手持ちの本を自炊して「kobo glo」で読むという目的で購入したので、内部メモリー2Gしか使用できないKindolePWは候補から外した。


実際に手持ちの本を自炊して、「解像度758×1024、グレートスケール」のPDFにしたら、1冊あたり約35MB程度。
内部メモリーのみ(使用可能メモリーは1G)使用すると、約29冊しか入らない。
ここで外部メモリーにmiciroSDカード32Gをさせば、約914冊も入ることになる。


この外部メモリーが使えるという最大の利点で「kobo glo」を買ったというのに、「外部microSDカードを使うとプリーズしやすい」というネットでの情報。
外部メモリーを指していないのに、1週間で2回フリーズをしたという経験から、「フリーズしやすくなる」というのは避けたい。


なので、いまだに外部メモリーを使っていない。


その対策として、
「kobo glo」を分解して、内部メモリーを容量の大きい32Gに交換するというメーカー保証が受けられなくなる改造だ。
外部メモリーを使わずに、メモリーを増やすという荒技。


さすがに、この方法はリスクを伴うのでなるべくなら避けたい。
1G以上メモリーが積める「kobo glo」を選んだのに、1Gしか使えなかったら「kobo glo」を選んだ利用がなくなる。


ここは、楽天が「外部メモリーのフリーズ問題」を対策してくれるまで待つしかない。









↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。