QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




電子書籍なら自分で書いた本が安価で自主出版出来る世の中になった



キンドル・ダイレクト・パブリッシングで自主出版



産経新聞を読んでいると「出版の新常識!?」って、電子書籍の記事が載っていた。

キンドル・ダイレクト・パブリッシングは、電子書籍配信サービスで、ここで作成された電子書籍を「キンドル・ストア」で販売出来る。


なんと無料で自分で書いた小説やエッセイなどが作成できて「キンドル・ストア」で配信できるサービス。


出版したい本のタイトル、表紙画像、価格、DRMの有無などを設定し、電子書籍データをアップロードすると、キンドルのフォーマットに変換し、キンドルストアで販売できる。
自分が配信した書籍が売れると、売り上げの35%をアマゾンから受け取ることができる。


コンテンツの内容に関してアマゾン側のチェックは入らないで、配信されるのかな?


小説家になりたい人やとにかく本を出してみたいという人には、最高のサービスじゃないのかな。


なんと言っても、出版にかかるコストは0円。
売れれば、アマゾンに販売価格の75%をロイヤルティーとして支払うだけ。

本を出したい夢を持っている人は、誰でも有名になれるチャンス。
パソコンの中に眠っている小説やエッセイに手を加えて完成させよう!

誰かが自分で書いた本を買ってくれて読んでくれるかもしれない。


僕も短編小説を書いてみて、「キンドル・ストア」で販売してみようかと。
でも、1回も諸説なんて書いたことはないけど・・・。
これだけ、チャンスが広がるサービスってことだ。


まずは、本を書く環境をそろえよう。
そして、とにかく問答も無用で文書を書け!
書いて書いて書きまくれ!











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople height=
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。