QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




テキストリーダーとしての電子書籍リーダー「楽天 kobo glo」を考えてみる



15年来のPDA好きにとっては

1週間近く「kobo glo」で自炊した本を読んでみると、「ほんと、いい時代になったもんだ。」とオジサン的発想をしてしまう。


12年前に発売されたPlam OSを搭載したPDA「初代SONY CLIE(クリエ) PEG-S300」を持っていた。
CLIE(クリエ)の主な使い方として、スケジュール管理、メモ書き、TODO管理、テキストビュアー。





時間つぶしや情報収集に役立つのがテキストビュアーだ。
もちろんあの当時は、本体に通信機能なんて持っていないので、パソコンでテキストを作成して、CLIE(クリエ)に同期、転送する。

2ちゃんねるのログや青空文庫の書籍、ニュースサイトの文字情報のみをテキスト化するアプリで変換してCLIE(クリエ)で通勤中に読んでいた。


そしていつでもどこでも通信が出来るスマートフォンが登場するまで、こんな感じでテキストをPDAで読んできた。
15年間、パームやWindowsCE、ザウルスを取っ替え引っ替え使い続けて、PDAをテキストリーダーとして主に使っていた。
小型で軽量なPDAを持ち歩き、読みたいときに情報を読める環境は素晴らしい。


そんなことを考えながら、電子書籍リーダー「kobo glo」のすばらしさを実感!

2ちゃんねるやニュースはスマートフォンで見るとして、自炊した本や購入した電子書籍を見るのに電子書籍リーダーは最高なガジェットだ。


6インチの画面は文字を読むのに小さすぎず大きすぎず最適。
本体重量も200グラム以下で、「重たい!」と感じさせず、文庫本を持っているサイズと重さ。

読みたい本を100冊でも200冊でも「kobo glo」に置いておけ、通勤中にいつでもどこでもさっとカバンから出して読める。
PDA時代よりも簡単にコンテンツが手に入れられ、有料の高品質なコンテンツもある。


往年のPDAファンはテキストリーダーとして電子書籍リーダーを見ると、「神」ガジェット。
居酒屋でグチグチとクダを巻いているお金と時間があるなら、電子書籍リーダーを買うべきだ。
7980円なら、居酒屋に2回行くのを我慢すればいいわけだ。

絶対に後悔はしないガジェットだ。









↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。