QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




年に一度の大掃除:僕の断捨離



年に一度の大掃除を三連休で行う

 

断捨離 やましたひでこ公式サイト

今年もあとわずかで終わり。

一年の締めくくりとして、大掃除をして年を越すのが我が家の恒例行事。

整理整頓、掃除が三度の飯より嫌いで苦手な僕の尻を叩いて掃除をやらす妻。

 

今年の大掃除の目的が、妻から告げられる。

「あなたの本と押入れのモノを整理して。とにかく一緒にいらないものを処分して!」

 

 

今年の大掃除は「僕の断捨離となる」

 

小さな本棚と押入れにおいてある本の処分から始まる。

 

処分と言っても捨てるわけではなく、のちに自炊をしてデジタル化して、電子書籍リーダーで読みために本を捨てるものと自炊するものを選んで、ダンボールへ投げ込む。

 

本の整理が終わったら、押入れの中の整理。

10年間買ったガジェットの空き箱やその本体の処分を責められた。

 

これが僕の大切な思い出がつまったゴミたち

 

 

この作業が終わって、今年の大掃除の半分は終わった気がする。

でも、ここからが本当の大掃除の始まりだ。

 

 

断捨離のあとは、窓掃除の仕事

 

一年間たまったサッシのレール溝の汚れと窓ガラスの掃除という大仕事。

僕の家にはサッシ窓が16カ所ある。

考えただけでめまいがする。

思いの外に重労働で、腕がパンパンになり全身が気だるきなる。

 

で、今回に備えて新たな秘密兵器を購入した。

 

ペットボトルに装着して、加圧した水を噴射できる。

これでサッシのレール溝にこびりついた汚れを落とせるかもしれない。

 

 

こんな感じでサッシのレール溝の汚れをとる。

 

ペットボトル500mlの水をカラにするのに、シュポシュポと50回以上も加圧したので、腕がパンパン。

サッシ1箇所でペットボトル1杯は使うので、掃除が終わる頃には500回以上もシュポシュポしたわけだ。

こりゃ、二日後には右腕が筋肉痛になるんだろうな。

 

 

今日は大掃除の前半戦。

後半は一週間後になり、フローリングの水拭きとワックス掛け。

 

 

 

 






↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。