QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




6型モノクロ電子ノートってありだよ!シャープ!



実に目がシャープな観点から言えば、面白みがない 製品かも

 


 

シャープから6型モノクロ液晶の「電子ノート」、手書きをPCと連携 - Engadget Japanese

 

こういうデジタル文具はシャープじゃなくて、キングジムが作って欲しかった。

「こういうデジタルノート待っていました!」っていう人はあまり多くはないけど、需要それなりにありそうだ。

でも、iPadminiやネクサス7という持ち運びや携帯するのにいいサイズ感のタブレットが出ている今、このような6型モノクロを出す意味はあるのか疑問。

それとも、iPadminiやネクサス7というタブレットが出ている今、潔い製品を待っている人もいるかもしれない。

 

 

ただ残念な点は、バックライトがないことだと思う。

暗いところじゃ紙のノートは文字を書くことが出来ないんだから、デジタルノートもいらないってことかも。

反対にバックライトをなくせば、目にも負担が少なくなり、長い時間使っていても目が疲れない。

もちろん、バッテリー寿命も伸びる。

 

 

でも、重さが210グラムって言うのは少し重いのでは?

せめて、電子書籍リーダーのKindleやkoboより少し思い180gg前後にして欲しかった。

 

 

そうは言っても、僕には気になる製品だ。

テキストを入力したり、PDFを見たり出来ない製品で、ただ手書き文字にマトを絞ったところが、キングジムのポメラ的でいい。

ポメラはテキスト入力しか出来ない。

WG-N10は手書き文字しか入力出来ない。

 

やはり、気になる製品だ。

 

 

 










↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。