QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「超漢字」って言うと、「BrainPad TiPO」を思い出す



『超漢字』っていい響きだ!

パーソナルメディア、異体字をWordやExcelに貼れる「超漢字検索IVS強化版」 | パソコン | マイナビニュース



この記事に紹介されている「超漢字検索IVS強化版」に興味を持ったわけじゃないけど、「超漢字」ってまだあるんだぁっていう懐かしさ。

「超漢字」って言えば、国内唯一の純オーエスで、僕も憧れていた。
憧れついでに、10年近く前にヤフーオークションで「超漢字」のパッケージを落札した過去がある。
結局はマシンにインストールすることなく、どこか行ってしまった。




超漢字の根底は「BTRON3」で、「BTRON」のサブセットを搭載した「BrainPad TiPO」

20年来の自称モバイラーの僕は、BTRON」のサブセットを搭載した「BrainPad TiPO」も所有してみたかった。
「BrainPad TiPO」は、セイコーインスツルメンツ(旧・セイコー電子工業)が発売していた、法人向けの業務用携帯情報端末で、シャープのザウルスみたいなものだ。

BrainPad TiPO - Wikipedia



これも欲しかったが、なかなかオークションでも出回らず、手に入れることはなかった。

記憶があいまいだが、この「BrainPad TiPO」のデータと「超漢字」のデータをリンクできたような気がする。
「超漢字」のデータ管理のしかたがマックOSよりも革新的でユニークなモノだった。
実身(じっしん)と仮身(かしん)という考え方が、面白かった。
このデータを扱い方に、僕は興味を持ち「BrainPad TiPO」と「超漢字」を使ってみたかった。

再入門・実身と仮身 - 超漢字ウェブサイト




っと、まだまだ進化し続けているような国産オーエス「超漢字」にエールを送りたい僕。








↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。