QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Android搭載のLifeTouchNoteで家計簿をつけると71万円得をする。そのための家計簿ソフトを探す。



Biz誠でこんな記事を見つけた。

Biz誠の記事~家計簿を付ける人の貯蓄額

家計簿をつけている人はつけていない人より貯蓄額が71万円多いという記事を読んで、「これはちゃんと家計簿をカミさんにつけさせないといけないな」と思った。

独身の頃、飲食やタバコ、書籍など何も考えずにぽんぽんとお金を使っていて、気づくと貯蓄が増えていない時期があった。
これではマズいと思い、普段使っていたモバイル機器で小遣い帳代わりにお金の収支を記録をしていた。
だいたいにおいて継続する力が弱いのか、記録し始めて2ヶ月あたりを過ぎるとやめてしまうことが多かった。
その時のモバイル機器が、Palmであったり、PocketPCであったり、MIザウルスやSLザウルスの時もあった。
この数々のモバイル機器が無駄遣いと他の人に言われることもあった。

今回、家計簿のつけかたとして、
①モノを買ったたびに記録はしないで、レシートを必ずもらい財布に入れる。
②自動販売機で買った飲料水などレシートをもらえないモノは、メモ帳に記録しておく。

③夜、会社から帰って落ち着いたら、レシートやメモ帳を見ながら家計簿ソフトに入力をしていく。
 この入力作業は毎日じゃなくても構わない。
 1週間に1度、土曜日の夜でもいいかも。
ただ、レシートが溜まって入力するのが面倒になり、やめてしまわないように必ず1週間に1度入力をすることを守る。


では、私が家計簿ソフトとして選んだモノは・・・。
無料ソフトで家計簿 MoneyNote



起動画面は実にシンプルなモノです。


「MoneyNote」とタップすると、



収支を入力するメイン画面になる。


ここで、「収支登録」をタップすると、



買ったモノを入力する画面になり、費目の設定や買ったモノのメモや備考が入力できる。
ここが今どきかなと思うことに画像が添付できる。
買ったモノをスマートフォンで撮って添付するのは面白く、役に立つかなと。


他にクレジットカードの管理や収支の明細管理もできる優れモノです。




カレンダーからこの日に何を買ったんだ?という使い方もできる。



この家計簿 MoneyNoteはシンプルながら、本格的な家計簿ソフト。
いろいろな機能を持っており、満足できるソフトだと思う。
LifeTouchNoteでも問題なく使えるソフト。
LifeTouchNoteならでは快適にキーボード入力でき、椅子に座ってじっくりと収支の検討も出来る。

来年から始めようと思うのではなく、今すぐに家計簿 MoneyNoteをインストールして、明日から家計簿をつけよう。
そうすれば、来年はいいことが起こるかもしれない。

家計簿 MoneyNote ダウンロード先は
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。