QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




『Kindle Paperwhite』が発売前に値下げで、また『kobo glo』と悩み始めた



『Kindle Paperwhite』7980円に値下げ



さすがにAmazonも焦りだしたのか、楽天の『kobo glo』が発表されて1週間ほどで7980円に値下げ。
でも、『Kindle Paperwhite』のWifiモデルのみの値下げで、『Kindle Paperwhite』の3G版モデルや『kindle Fire』は値下げなし。

今年も電子書籍リーダー発売の乱立で激しい戦いが繰り広げ、どのメーカーを買っていいのか悩む。
国内だけでも4メーカー。
ソニーの『Reader』、楽天の『kobo』、Amazonの『Kindle』。
3メーカー続いて、突然登場した凸版印刷の『Lideo(リディオ)』。

今回はE-ink液晶を搭載した電子書籍リーダー(モノクロ電子ペーパー)戦争。
純粋な電子書籍リーダー同士の戦いで、AndroidタブレットやiPadなどのタブレット対決とは別の土俵での戦い。

どの電子書籍リーダーが勝つのかって言うのは僕は興味がない。

僕は自炊した本を読むのに電子書籍リーダーが欲しいだけ。
でも、このような戦いが繰り広げられて、低価格で高性能の電子書籍リーダーが発売されるので嬉しい!


4メーカーの中で自炊をした本を見るのに魅力的な電子書籍リーダーは、楽天の『kobo glo』かな。
値段が7980円で安く、外部メディアが使え、フロントライトも搭載され暗くても読め、比較的軽量の185グラム。
楽天のコンテンツ(本の品揃え)はあまり魅力を感じないが、電子書籍リーダーとしてのガジェットは魅力的だ。










↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。