QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「象印ケトル」が1年で壊れた!:朝のコーヒーが飲めなくなって困った件 



1年で壊れるって何事?

コーヒー


11月になり、「寒いねぇ」なんて思いながら布団からなかなか起き出せない朝。
この季節になると、『朝食には熱いコーヒーとパンを食べて』会社に行く。

熱いコーヒーって言っても「ブレンディ」のインスタントコーヒーで、特にコーヒーにこだわりを持つ人間じゃない。
マグカップにインスタントコーヒーをスプーンに1杯、砂糖を2杯、クリープを1杯入れて甘いコーヒーを飲む。
ただ、熱く甘いコーヒーを飲まないと一日が始まらない。
目も覚めないし、頭もボヤッとしている感覚が残る。
だたの迷信だと思うけど、頭がシャキッとするために熱いコーヒーを飲んで会社に出かける。


今日の朝は象印のケトルに水を入れて「沸かす」スイッチを押しても、お湯が沸かない。
はじめは、スイッチを押し忘れたのかな?なんて思い、もう一度「沸かす」スイッチを押したが、お湯を沸かす音がいっこうにしない。
ケトルのランプは点灯しているのに、お湯が沸かない。


↓沈黙したケトル



こんなことに悪戦苦闘をし、コーヒーを飲まずに会社に出かけた。
毎朝の儀式としてコーヒーを飲んで会社に出かけているので、気持ちがモヤモヤ状態で頭もモッサリ。
会社に行く途中、自販機で缶コーヒーを買う。
なんか120円を無駄にした気分だ。


結局、故障をしたまま。

会社から帰り、アマゾンで同じ品番の象印ケトルをクリック。
1年で壊れた製品なのに、なぜか同じモノを買うことに。

妻も僕も保温機能が付いているこの象印ケトルが気に入っていたからだ。







↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。