QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




格安SIMで、ドコモスマートフォン使いになれ!



月額980円の格安SIMで十分じゃない?

「格安SIM」とは、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する低価格SIMカードのこと。SIMロックを解除したスマートフォンやタブレットなどで利用できる。通信速度が100kbps程度に制限される一方、月額1000円以下で利用できる点がメリットだ。動画の視聴やダウンロードには適していないが、メールやTwitterをメインに活用するユーザーにとって、新たな選択肢となっている。
【格安SIM】月額1000円以下でスマホを運用。低速ながら格安価格が人気:PC Online

IIJがNTTドコモのLTE網に対応したイオン専用サービス「IIJmioウェルカムパックforイオン」を提供し、イオンが同サービスに対応したSIMカードを店頭で販売する形になる。SIMパッケージの価格は3150円で、通信速度が最大128kビット/秒の「ミニマムスタート 128プラン」の場合、利用料金は月額945円。
イオンとIIJがデータ通信販売で提携、月額945円からのLTE対応SIMを発売:ニュース:PC Online



仕事じゃなくてプライベートメインなら携帯電話って必要なの?
LINEやチャット、メールなどのコミュニケーションツールを使えば電話代わりになるんじゃないのか。

友達も妻も母親もスマートフォンを持っているから、伝言や連絡をしたい時はメールで十分。
メールの返信なんか待っていられない時やすぐに連絡をしたいときは、チャットツールを使えばいい。

そう使い分けていくと、携帯電話なんていらない。
スマートフォンがあればいいと分かる。


ここでひとつ気付く。
スマートフォンは便利で暇つぶしにはいいけど、毎月7000円もの料金を何年も払い続けるのはアホらしい。
サラリーも上がらず、貯蓄も出来ず、毎月赤字ギリギリの生活を強いられているのに、スマートフォン1台に毎月7000円払い続けなくてはいけない。


今、最高でナイスなiPhone 5を手に入れるには、毎月どれくらいの料金を支払わないといけないのか?
32GBのiPhone 5の場合、毎月6,755円+通話料+430円かかる。



これが、日本通信の格安SIMを使えば、毎月980円を支払うだけだ。

通信速度は150Kbpsと低速だけど、メール、チャット、ツイッターなら問題ない。
僕はイオンSIMを使っているけど、少し遅いかなと思うだけで、十分実用的に使える。

発売したときにイオンSIMでは通信速度的にカーナビは厳しいと言われていたけど、僕は頻度にカーナビ代わりに使っている。
都心の道でも、しっかりと目的地まで案内をしてくれる。


格安SIMで一番言いたいことは、ドコモのスマートフォンじゃないと使えないってことだ。
auのiPhone 5もSoftBankのiPhone 5でも格安SIMは使えない。

iPhone 5を使いたければ、毎月7000円払い続けるしかない。
でも、ドコモのギャラクシーノートを使いたければ、格安SIMは使える。
毎月1000円しか通信費を出せないならドコモのスマートフォンしかない。











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。