QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スマートフォン「Optimus chat L-04」だと、目が疲れて、気持ち悪くなる



近頃、スマートフォンの画面を見ていると疲れる

ここ3週間ばかり、ブログ記事の下書きを通勤電車の行き帰りに書いている。

僕の使っているスマートフォン「Optimus chat L-04」はスライド式QWERTYキーボードが搭載されていて、ブログ記事を入力するには最適なガジェット。
入力するのに最適だが、ディスプレイ画面が小さく、1時間ほど見ていると目が疲れてくる。

そんな「Optimus chat L-04」の画面の大きさは、3.2インチしかない!
前モデルのiPhone4Sでさえ、3.5インチで画面が小さいと言われ、iPhone5になり4インチになった。


なるべく、会社から帰って自宅でのブログ記事を書く時間を少なくしようとしていた矢先の出来事だ。
なぜ、通勤途中にブログ記事を書くようになったのかは、こちらの記事を読んでくれれば分かるかも。





電車の中で「Optimus chat L-04」でブログ記事を書くスタイルは

電車に乗ったら、車両の端(連結部分)を確保する。
連結部分のドア付近壁面を背にして寄りかかり、体が揺れないように支える。
このような姿勢なら、両手が使える。

なぜなら、「Optimus chat L-04」はQWERTYキーボード搭載で、両手で本体を支えながらキーを入力するスタイルなので。
そのため、電車でブログ記事を書くのに、必要なポジションニングなのだ。


こんな状態で、片道40分ほど電車に揺れながら、画面を睨みながら、文字を打っていたんじゃ気持ち悪くなるって!

だんだんと眼の奥が痛くなり、肩も張ってくる。
そのまま文字を打ち続けていくと、気持ち悪くなり、少し頭も痛くなってくる。



それは何のせいなのか?

■「Optimus chat L-04」の画面が3.2インチと小さく、目を皿のようにして画面を見ているからなのか?

■そもそも、揺れている電車の中で、画面を直視しながら文字を打っていることがいけないことなのか?


ブログを毎日更新するためには、貴重な通勤電車の時間を使いたい。

だから、画面の大きなスマートフォンを選べばいいのかと考えている。
ほとんどのスマートフォンは4.5インチ以上の画面の大きさもあるから、40歳を超えたオジサンの目には見やすそうだ。

ただ、QWERTYキーボードが搭載されていないので、フリック入力に慣れなくてはいけないのが、苦痛だが。








↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。