QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




仕事がいっぱいでテンパりそうなときに効く言葉



問題を解決するよりも悩んでしまう


悩み


年に数回は、それとも毎日?、降り注ぐ仕事で自分が押しつぶされそうになったことはないか?


僕の身にいくつもの案件・プロジェクトが降り注ぎ、平行して処理しなければならなくなった。

降り注いだ案件を分散してふれる同僚・上司もいない。
いるのは、2ヶ月ほど前に僕の下についた契約社員の同年代の男性のみ。


こんな状況の中で、仕事をこなしていくのは、僕には至難の業だ。

仕事のできる冷静で有能なサラリーマンにはなんてこともない状況だろう。


僕の頭の中は、
「あ~! あれもしないといけない。その前にこれもしなくちゃいけない。どうしよう~。自分には無理だよ~!」
と、『冷静に仕事を分析して、事に当たる姿勢』が消し飛んでいる。


「あれもしないといけない。これもしなくてはいけない」と考えるだけで、テンパってしまう。

仕事をコナすことを考えなくてはいけないのに、目の前に覆いかぶさる仕事から逃れるためにはどうしたらいいのかを考えてしまう。



問題は問題で解決をする。



2010年4月9日にお亡くなりになった作家の井上ひさしさんは、こんな言葉を言っている。


「問題は問題として解決をする。問題を悩みに変えない。」



そうなんだよ。
悩んでいても、何も解決はしない。
ただ、悩んで、心が疲れるだけだ。
悩んでいる時間だけが過ぎ去るのみで、仕事はひとつも進んでいない。
そう、悩んでいる時間がもったいない。


仕事の問題で悶々と悩んでいるのじゃなくて、仕事の問題なら、どのようにその問題をクリアーすればいいのかを考える。


難題な案件にぶち当たって、
「俺にはこの案件は無理だよ~。」とか「どうすればいいんだよ。」なんて悩むんじゃなくて、
「さあ、この難題をクリアーするにはどうすればいいんだ」と問題は問題として解決をする。

問題を悩みに変えちゃだめなんだ。


それから僕は、『仕事の問題で悶々と悩みそう』になったときは、頭を切り替えて『さあ、この問題を解決するにはどうしたらいいんだ!』と仕事に前向きにさせるキッカケになる。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。