QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




僕のスマートフォン・Optimus chat L-04Cが遅くて、少しイライラする件



QWERTYキーボード付きOptimus chat L-04Cはお気に入りだが、遅くて不満もある



僕の始めてのスマートフォンがOptimus chat L-04Cで、約1年間愛用している。

ここ1年のうちに発売されたスマートフォンに比べると、相当の低スペックだ。
CPUもシングルコアで、解像度も低く、ディスプレイサイズも小さい。
近頃、Optimus chat L-04Cを使っている人を見ることもなくなった。

そんなOptimus chat L-04Cには、QWERTYキーボードが付いているから手放せない。
QWERTYキーボードなくしては、Optimus chat L-04Cは語れないほどだ。


でも、さすが、処理速度に不満を持ち始めた。

解像度の低さも、ディスプレイサイズの小ささも、気にならないが、毎日使っているスケジュール管理Androidアプリ「ジョルテ」が遅い。
アイコンをタップして、3秒しないと予定が表示されない。
毎日、何回も何十回もジョルテを起動させるので、この表示の遅さにイライラする。




「Optimus chat L-04C」の次は「Xperia pro(MK16)」になるのか?

キーボートフェチの苦悩

どうしても、次もQWERTYキーボード付きのスマートフォンを手に入れたい。



僕は、フリック入力だけで、そこそこ文字を入力するのにストレスを感じ、指先がピリピリしてくる。
フリック入力で、ブログ記事なんて書くことなんて、苦行として思わない。


そりゃ、フリック入力の練習をすれば、フリックだけでブログ記事を書くことなんて、苦痛を伴わずに、そこそこ快適になるんだろうと思うけど。

そう、ブロガーの多いiPhoneユーザーはiPhone+フリック入力だけでブログ記事を更新している人も多い。
だから、フリックをそれなりにマスターすることなんて僕にも出来ないことではないとは思うけど。


そうは言っても、僕を含めて往年のモバイラーはキーボードフェチだから、どうしようもない。
QWERTYキーボード付きのスマートフォンが手に入れられるなら、手に入れることを最優先に考える。


キーボードフェチの間で人気のあるスマートフォンは、「Optimus chat L-04C」じゃなくて、「Xperia pro(MK16)」だ。
だだ、「Xperia pro(MK16)」は日本で販売されていない、海外モデルなので、ドコモなどの日本のキャリアでは手に入らない。


僕は、イオンSIMユーザーなので、イオンSIMが「Xperia pro(MK16)」で使えればいい。



では、両モデルのスペックを見てみよう。

「Optimus chat L-04C」の主なスペック

■発売日:2011年3月6日

■OS:Android OS 2.2

■CPU:Qualcomm Snapdragon MSM7227 600MHz

■RAM:512MB

■ROM:1024MB

■ディスプレイ:3.2インチ

■解像度:480×320ドット

■サイズ:116×58×15.3mm

■重さ:149g





後継機種として考えている「Xperia Xperia pro(MK16)」の主なスペック

■発売日:2011年

■OS:Android OS 2.3

■CPU:Qualcomm Snapdragon MSM8255 1GHz

■RAM:512MB

■ROM:1024MB

■ディスプレイ:3.7インチ

■解像度:854x480ドット

■サイズ:120.0x57.0x13.7mm

■重さ:142g





スペックを見てもらえれば分かるが、

「Xperia pro(MK16)」は新しくない、最新モデルじゃないことだ!

両モデルとも、CPUがデュアルコアじゃなくて、シングルコアってことだ。
そして、OSもAndroid2.3でRAMも512MB。
発売時期も2011年で、同時期っていうのが悩ませる。


Xperia pro(MK16)に変えても、シングルコアでRAMが512MBじゃヌルヌルでサクサクとした動きじゃないのかな?


でも、Xperia pro(MK16)がOptimus chat L-04Cよりも勝っている点は3つある。

①ディスプレイの大きさが、3.7インチ。

②画面解像度が4倍の854x480ドット。

③ディスプレイサイズが大きくなっているのに、本体サイズと重さがOptimus chat L-04Cと変わらない。


ただ、満足できるQWERTYキーボード付きスマートフォンが新品で手に入るのは、この「Xperia pro(MK16)」しかない。

「Xperia pro(MK16)」がデュアルコアなら、ヌルヌル・サクサクでガリガリ打てるQWERTYキーボード付きスマートフォンなのに!





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。