QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




5歳の娘が喜んだ「カボチャグラタン」の作り方!



意外に旨くできた「カボチャグラタン」




久しぶりに僕の出番だ!

子供たちに内緒で妻が友達とフランス料理を食べに行ったので、僕が子供たちの夕食を作ることに。

なんと言っても、グラタンやパスタ、ハンバーグなら子供たちに、「何これ? あまり美味しそうじゃない?」なんて顔はされない。

子供たちは喜んで食べる。

父親が作るご飯くらいは、子供たちが喜ぶモノを作ってやってもいいじゃないか。



まずは、
材料:(大人1人に子供2人)

カボチャ・・・   半分
タマネギ・・・   半分
豚挽き肉・・・   100グラム
マカロニ・・・   100グラム
バター・・・    20グラム
小麦粉・・・    大さじ2
牛乳・・・     500ml
塩・コショウ・・・ 少々
コンソメ・・・   1個
スライスチーズ・・・適量



さあ、料理を始めてみよう!

①マカロニをお湯で7分ほど茹でる。




②かぼちゃを1口サイズに切って、レンジで5分ほど加熱。(いつもカボチャの皮は取ったほうがいいのか考える。)




③フライパンにバターを入れて、溶かす。




④薄切りにスライスしたタマネギをゆっくりと炒める。




⑤タマネギが炒め終わったら、小麦粉を少しずつ入れながら、混ぜる。




⑥さらに、牛乳を少しずつ入れながら、混ぜる。
牛乳を入れて→混ぜる→入れる→混ぜるって感じで。






⑦豚挽き肉を入れ、炒める。




⑧塩、コショウ、コンソメを入れる。


⑨かぼちゃを入れ、トロトロになるまでかき混ぜて、少し煮込む。






⑩耐熱容器に入れて、スライスチーズを上に乗せる。




⑪オーブンで10分ほど焼き色を付けて出来上がり。





食べた感想と子供たちの表情

ただの甘いグラタンで、大人には口に合わないかもしれない。
カボチャの甘みと牛乳の甘みしか感じず、味が薄く、塩・コショウが少し足りなかったかも。

上の娘は喜んで食べたが、野菜が少し苦手な下の娘は、表情が堅い



これだけじゃ夕ご飯として寂しいから、コロッケの冷凍食品をレンジで温めて横に添えた。


これぞまさに父親の料理だ!





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to G<br />oogle Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。