QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




リナザウSL-C700がブログを書くために使えるか試してみた。



リナザウSL-C700をブログの下書きとして使えるか?

押入れを整理していると懐かしのリナックスザウルスSL-C700を発見。
2003年末に後継機種SL-C860が発売され、「リナザウ欲しいよ!熱」が高まった2004年ごろにハードオフで中古のSL-C700を手に入れた。



リナザウSL-C700はいまだに色あせない特徴を持っている。

・クラムシェル型筐体でミニキーボードを搭載
・640×480ピクセル 3.7インチ液晶
・CG silicon システム液晶搭載で、今見ても視野性も良くきれいなディスプレイ。(新型iPadのRetinaディスプレイとは比較すると「なんだこりゃ!」ってなるけど。)
・液晶パネルは回転可能で、回転後閉じるとビュースタイルになる。


モッサリとして動きで少しイライラさせられるSL-C700は先人たちの知恵と技術により、「スペシャルカーネル」、「スワップメモリー」の導入設定によりマシな動きになる。


数年ぶりに充電して起動をさせたリナザウSL-C700。
しっかりと動いている。
IMG00641.jpg


リナザウのようなビュースタイルになるスマートフォンが発売されればと願う。
IMG00647.jpg



リナザウSL-C700の欠点は無線LAN機能を持っていないこと

10年前の時代のPDAには、標準で無線LAN機能を搭載しているモノはなかった。
リナザウで無線LANでネットワーク通信をするのは、サードパーティメーカーのCF型無線LANカードを手に入れなければならない。
CFカードスロットを搭載したパソコンさえ絶滅している今、中古でも新品でもCFカード無線LANカードを手に入れることは困難だ。

僕は中古で手に入れた「PlanexのGW-CF54G」でネットに接続をして使っていたが、バッテリーがみるみる減っていき、精神衛生上よろしくなかった。
さらに、リナザウSL-C700のネットワーク設定は、WEPなので、セキュリティ上お勧めできない。


なので、
リナザウSL-C700を使うとすると、ネットワークには接続できないモノとして考える。


ネットには接続できないが、リナザウの利点は、
・クラムシェル型筐体で軽量、コンパクトで持ち運びに便利。
・打ちやすさに定評があるミニキーボード搭載。
・640×480ピクセル 3.7インチ液晶でそこそこキレイな液晶。


もしかしてリナザウSL-C700はポメラ的な使い方が出来るんじゃないのか!と悟った。



リナザウSL-C700にはすばらしいテキストエディターがある

ポメラ的な使い方を考える上に必要なのが文字を書くためのツールが必要だ。
リナザウSL-C700には無料の「ZEditor」というすばらしいテキストエディターがある。

zeditor.jpg

ポメラのように文字を打つだけ! ほかの機能なんていらない!というシンプルなものではなく、プログラムコードも書ける本格的なテキストエディターだ。



QRコードでスマートフォンに飛ばせ

通信手段を持たない(実は赤外線通信機能をあるのだが・・・。)リナザウSL-C700で書いたテキスト文章をスマートフォンに送る手段としては、QRコードが思い付く。
ポメラ的な使い方って思惑の中、やはりQRコードは欠かせないモノだ。


リナザウでQRコードを作成するアプリは「RQR

①ZEditorで書いたテキストをコピーをする。
zeditor.jpg


②RQRを起動させて、テキスト作成画面にコピーしたテキストを貼り付ける。
RQRテキスト画面


③[QRコードに変換]ボタンを押す。
RQRコード作成


④スマートフォン「Optimus chat L-04C」で「barcode2file」を起動させて、「Scan barcode」をタップして、QRコードを読み取る。
(写真はポメラDM11GのQRコードを読み取っているモノです。)
DSCI0363.jpg


これで、リナザウSL-C700はポメラDM11Gと同じ使い方が出来るようになった。


今回の記事の下書きは、リナザウSL-C700+ZEditorで書いたみた。

数年ぶりにリナザウSL-C700のキーボードを叩いてみたので、なかなか思いとおりに文字が打てずイライラする場面もあった。
ただ、久しぶりにリナザウSL-C700で遊んでみたかったという衝動だけで、押入から引っ張り出し、電源を入れてみたので、このまま続けてリナザウSL-C700でブログの下書きに使っていけるのかは疑問だ。

リナザウSL-C700はポメラにように使うところが限定されず、両手さえ空いていれば、立っていても座っていても快適に文字が打てるキーボードには魅力を感じる。


とにかく、I Love PDA!











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。