QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




プラズマクラスター搭載の軽量コンパクトなサイクロン掃除機「シャープ EC-PX200」はマジで軽い!



なぜ、シャープのEC-PX200を選んだのか?

自宅は狭小3階建て住宅なので、1階から3階まで1台の掃除機で済まさなくてはいけない。
毎日、1階から3階まで掃除機を持って階段を上り下りをすることを考えると、選ぶポイントはなるべく軽いことが第1条件。

量販店で「軽く、スリムでコンパクト。なおかつ値段もそこそこ」のモノを探しに行った。
軽いという条件なら紙パック式よりサイクロン式のほうが構造的にシンプルで軽くなる。

妻はダイソンのサイクロン掃除機が気になって見ていたが、軽量コンパクトモデルの「DC26」は思いのほか軽くはなく、値段もソコソコ高い。




そこで目に入ったのはシャープのEC-PX200。
量販店の店員さんもこの製品を勧められ、価格コムやアマゾンの口コミでも好評!


シャープのEC-PX200の購入ポイントは
①本体重量は2.7Kgで、総質量が4.1Kg。
②スリムでコンパクトで置き場所にも困らなそうだ。
③サイクロン式で音は気になるが、吸引力が魅力。
④プラズマクラスター搭載。
⑤販売価格が他のメーカーと比較すると安い。


とにかく、掃除機が壊れて掃除が出来ないので、のんびりと悩んでいる時間はない!
上記の5つのポイントを考えると、シャープのEC-PX200しかない!





口コミ通りシャープのEC-PX200は軽くてコンパクト!


宅急便屋さん箱を受け取って持った瞬間「小さい!軽い!」。
期待に胸が膨らんだ瞬間だ!
箱


箱を開けて、中身を確認。
付属品を含めた1式。
掃除機1式


7年間、毎日使い続けて壊れた「日立の紙パック式掃除機・CV-PJ9」と比較。
EC-PX200のコンパクトなフォルム。
2台並べる2


CV-PJ9の本体重量は3.5KgでEC-PX200より0.8Kgほど重い。
両方を持って比較をしてみると、数値以上にEC-PX200が軽く感じる。
2台並べる1


片手もヒョって感じで「軽いっす!」。
女性や年寄りでも軽いって感じると思うけど。
持ってみる


サイクロン式掃除機の特徴であるゴミが見えるカップ。
ゴミが常に見えて、衛生的にあまり気分は良くないが、しっかり仕事しているなと応援したくなる。
カップ


2階建て住宅に住んでいるなら、シャープのEC-PX200はおススメ。
毎日掃除機を持って階段の上り下りするなら、EC-PX200は軽くていい。
コンパクトモデルなので、吸引力は弱いけど、フローリングを掃除するなら十分な吸引力。
ボディがコンパクトな上に本体を立てて収納できるので、置き場所にも困らない。


久しぶりに満足する製品を買って満足度は高い。









↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。