QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




毎日、ブログを更新し続けるために「20秒ルール」が頭に浮かぶ



物事をやる上で勝間さんの「20秒ルール」が頭にうかぶ

勉強


以前、経済評論家の勝間和代さんがテレビに出演したときに、自身が生活の中で実践している「20秒ルール」について話しているのを見て感慨を受けた。

これ以来、何かモノゴトをやり続けるときに「20秒以内でこのモノゴトをやり始められるのか?」と考えるようになった。


この「20秒ルール」というのは?
元々は、ショーン・エイカーが書いた「幸福優位7つの法則」にある7つのルールの中で、「目標への行動にすぐ取りかかることができる環境に投資する」ということを参考にして「20秒ルール」が出来たらしい。




何かをしようと思ったときに20秒間面倒なことがなくなるだけで良い習慣が続き、反対に20秒面倒なことがあると、悪い習慣をやめやすくなるという理論に基づいたルールだ。



僕は自分でも呆れるくらいに「面倒」なことが嫌いで避けてしまう。

面倒なことが嫌いなくせに、モノゴトを始めるときには面倒なルールを決めたからじゃないとスタートできない。
なので、この面倒くさいルールに縛られて、2,3日で「面倒くさいなぁ。」と思うようになりやめてしまう。

勝間さんの「20秒ルール」を頭に置いてモノゴトを始めようとすると、まず「20秒以内でモノゴトを始められるか?」というように考えるようになった。



思いついたらすぐに作業が出来る環境

勝間さんは「思いついたらすぐに作業が出来る環境をセッティングする。」と言って、常にメモを取る環境を作っている。
たとえば、iPadを4台、ノートパソコン・Let'sNoteを4台を所有していて、1台は鞄の中、家のリビングに1台、寝室の1台というように、移動させることなしで各場所ですぐに使えるしている。
何かアイディアを思いついたときに「それほど重要じゃないからいいや」とスルーするのはもったないから、どこでもメモが取れる状態にしている。

なので、勝間さんはモノゴトがすぐに始められるように、同じモノを複数個持っている。
それは、モノを探している間の20秒をどうやってゼロに近づけるかが重要だと。
そうすれば、モノゴトをやり続けるための障害が低くなり、ストレスも少なくなる。



毎日ブログを更新

僕は毎日ブログを更新しようと決めて、実際に5ヶ月ブログを更新し続けている。
そのために、記事を環境を整え、書くためのストレスを少なくしている。

常に、通勤カバンにはスマートフォンとポメラを入れている。
通勤電車の中では、スマートフォンでブログのネタを探したり、記事を書いている。
時間があれば、会社帰りにコーヒーショップに立ち寄り、ガッツリとポメラで記事を書くこともある。
環境が変わると、モチベーションが上がる。

家では、スタンバイ状態のLifeTouchNOTEが机に置いてあり、すぐに記事を書けるようにしている。

とにかく、思いついたらすぐに記事が書けるようにしている。










↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。