QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




僕の持っている本を電子書籍化出来れば、妻にジャマ扱いされない!?



電子書籍化するためのスキャナーと裁断機なんか買えないよ。

a0001_008126.jpg


楽天が電子書籍kobo Touchを発売してから、家庭でジャマ扱いされている僕の本を電子書籍化(自炊)したい欲求が沸いてきた。

発売してすぐにヨドバシカメラにkobo Touchを見に行った。
7,980円という手頃な価格にしては、「こんなに安くていいの?」ってくらいに満足度は高い。
見やすい白黒の電子ペーパーにMicroSDカード対応。
電子書籍ストアの期待はしてはいないけど、自炊をする人にとってはkobo Touchは最適な電子書籍リーダーだと思う。


kobo Touchは7,980円という手頃な値段だけど、自炊するにはドキュメントスキャナーと裁断機がなくてはいけない。
2度ほど、妻に「スキャナーと裁断機買っていい?」って言ったら、「そんなの置き場所ないし、あなたひとりのためにこんな高いものはダメ!」と却下。

比較的定評のあるドキュメントスキャナー「FUJITSU ScanSnap S1500」が36,000円



少しでもいいものと思うと裁断機は意外に値段が高い。
アマゾンで探してみると「カール事務器 ディスクカッター DC-210N」という製品があり、10,000円


ドキュメントスキャナーと裁断機で、46,000円
この値段は手が出ない。


「自炊レンタルスペース」で電子書籍化をすればいい!

一時、自炊代行業者が訴えられるという事件があってから、廃業、休業で少なくなったきた。
その代わりに、自炊レンタルスペースが登場してきた。

だから、ドキュメントスキャナーと裁断機があるレンタルスペースに行けばいいんじゃないか!って思ったね。


すきゃん堂
自炊専門の東京・五反田にある「すきゃん堂」がいいみたいだ。

利用料金も手頃で、レンタルスペース-15分200円
裁断機もドキュメントスキャナーの使用もこの料金に含まれている。

自炊時間の目安として、200ページの文庫本(白黒)で約4分といったところだ。

僕が電子書籍化したい本の大半はビジネス書になると思う。
たとえば、立花 岳志さんの「ノマドワーカーという生き方」が単行本で 246ページなので、概算で約6分程度なのかな?

1時間、800円で約10冊ほど電子書籍化出来る。
買った本に80円上乗せで電子書籍化できるなら、いいかなと。
さらに、「すきゃん堂」さんで575冊自炊した金額が46000円になり、ドキュメントスキャナーと裁断機の値段になる。

これを安いと思うかは僕しだいだ!



メディアカフェポパイ
ほかのレンタルスペースとしては、横浜駅西口近くのインターネットカフェ「メディアカフェポパイ」で自炊できるスペースがある。
料金は、裁断1冊50円で1時間900円と「すきゃん堂」さんより高め。
1時間で10冊電子書籍化できると仮定すると1冊あたり140円になる。

マンガも読めてネットも出来て、ついでに自炊できる場所と考えるとけして値段が高いとは思わないが。


とにかく、20冊ほど本をリュックに詰め込んで、五反田の「すきゃん堂」さんに自炊しに行こう!
そして、楽天のkobo Touchを買うんだ!



これで、どこでもいつでも好きな本が読める!





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。