QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




SIMロックフリー3Gの7型タブレット「eden TAB 3G」にイオンSIMが使えるなら最強!



Mobile In Styleは18日、高コストパフォーマンスが特徴の7型タブレットeden TAB」に、SIMロックフリーの3G通信対応版モデル「eden TAB 3G」を発表した。NTTドコモとソフトバンクモバイルのSIMカードで検証済みという。発売は8月上旬。価格はWeb直販モデルで34,800円、ソフトウェア同梱の量販店モデルで36,800円。
Mobile In Style、SIMロックフリー3Gの7型タブレット「eden TAB 3G」 | パソコン | マイナビニュース

Google「ネクサス7(Nexus 7)」よりもいいじゃない!

6月27日にGoogle「ネクサス7(Nexus 7)」が発表、米国では7月20日は販売開始という話題の中、「eden TAB 3G」発売のニュース。
「えっ!いまさら?」って思ってしまった。

でも、今回の「eden TAB」は3G対応ってことで、期待を裏切って注目されそうだ。

eden TAB 3G


Google「ネクサス7(Nexus 7)」と比較すると

まず「Google Nexus 7」と比較して、「eden TAB 3G」が優位な点は・・・

①3G対応でNTTドコモとソフトバンクモバイルのSIMカードが使える。
②カメラがメイン(800万画素でフラッシュ付き)とサブ(200万画素)がある。
③microSDスロットを装備している。


反対に「eden TAB 3G」が不利な点は・・・

①CPUがディアルコア。  「Google Nexus 7」はクアッドコア「Tegra 3」。
②OSがAndroid 2.3.3。  「Google Nexus 7」はAndroid 4.1 Jelly Bean。
③バッテリーが3850mAH。 「Google Nexus 7」は4325mAh。

CPUの違いは仕方がないが、「eden TAB 3G」は後日Android 4.0へのアップグレードも予定されているので、問題なし!


それだけの違いだけで液晶7インチ、解像度 1280×800 、メモリー1GB、ストレージ16GB、重さも「Google Nexus 7」と同等。


価格的にも十分対抗している。
「Google Nexus 7」の16GBモデルはアマゾン価格で34,400円
「eden TAB 3G」はWEB直販34,800円


でもね、ひとつ残念なことがある。
「eden TAB 3G」はマーケット未対応(グーグルプレイ未対応)ということだ!
一応、マーケットとして、Tapnowマーケットは使えるんだが・・・。
この点は、別にスマートフォンを持っていればどうにかなるから・・・。


僕としては、「eden TAB 3G」がイオンSIMが使えるなら、間違いなく「Google Nexus 7」じゃなくて「eden TAB 3G」を買う!
マジで買おうかと考えている!











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。