QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ソニーストアでモバイルパソコン「VAIO Z」でキャンペーン価格で販売中。そしてなくなり次第「VAIO Z」は終了。



468_60.jpg
 ソニーストアは、「VAIO」シリーズの2012年春モデル(ノート)を対象にキャンペーンを開始した(関連リンク)。製品選択時に、各種キャンペーンの対象となっているスペックを指定すると、キャンペーン価格が適用される。なくなり次第終了する。
ASCII.jp:13.1型ノート「VAIO Z」が13万円台—なくなり次第終了


詳細はいまだ不明なUltrabookとして復活する「VIAO T」の販売が控えているが、いつ出るかもわからないモノを待っているより、「VAIO Z」を手に入れるのが満足度が高いかも。
それに今、ソニーのハイエンドモバイルパソコン「VAIO Z」が手に入る最後の機会になると思う。

私も持っている薄型、軽量モバイルパソコン「VAIO X」の唯一な欠点が、CPUがあまりにも残念なインテルプロセッサー Atom Zを搭載しているので、動作が遅いということだ。
その「VAIO X」の血を1ミリほど受け継いだのが「VAIO Z」だ。


K0000062430.jpg

「VAIO Z」の特徴としては、
■画面は13.1型ワイド。
■CPUは、第2世代インテルCoreプロセッサーで、VAIOオーナーメードモデルならCore i7-2620M(2.70GHz)までイケる。
■ストレージもSSDで128GB、256GB、512GBとそれぞれ選べる。

13,1型ワイドの筐体ないのに、本体質量が約1.165kg
本体サイズは約幅330×高さ16.65×奥行210mm。

そして、なんと内蔵バッテリーのみで約9時間も動いてしまう。
さらに、拡張用シートバッテリーを選択すれば約7時間も駆動時間が伸びる。


モバイラーとしてそんなナイスな「VAIO Z」が、本当に手に入れる最後のチャンス。
今回はPower Media Dock、プロセッサー、メモリー、ディスプレー、ストレージ、バックライトキーボードのキャンペーンを実施しており、これら組み合わせで最大5万1000円安くなる。
ソニーストア VAIO ZシリーズVPCZ23AJの商品購入 | パーソナルコンピューター “VAIO”


キャンペーン価格が適用されない最低スペックでカスタマイズをすると、

OS: Windows 7 Home Premium 64ビット 正規版 (SP1)
プロセッサー: Core i3-2350M(2.30GHz)
メモリー: 4GB
ディスプレイ: 13.1型ワイド 1600×900ドット
ストレージ: 第3世代 SSD RAID 約128GB
HDウェブカメラ: なし
キーボード: 日本語配列
バックライトキーボード: なし
バッテリー: 内蔵バッテリー
ワープロ・表計算ソフトウェア: なし

合計金額:119,800円(税込)

このスペックが高いと思うか安いと思うかは貴方次第。所有する喜びは間違いはないけど・・・。




こんな記事も書きました。一緒にどうですか?
モバイル天下百品 ソニー「VAIO X」の代わりになるかNEC13.3型Ultrabook「LaVie Z」を発表。軽量です。
モバイル天下百品 ソニー、VAIO Tシリーズがウルトラブックで復活!最強モバイルノートになるのか?
モバイル天下百品 憧れのSONY VAIO Xを譲り受けた
モバイル天下百品 大晦日にSONYVAIO Jシリーズ VPCJ227FJ/B を買って、そのレビューも含めて。

スタパ齋藤のVAIO Z体験記











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。