QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「俺の妹が-」の伏見つかさ氏がメール脅迫。犯人は32歳の男。



俺の妹が


小説家の伏見つかささん(31)に脅迫メールを送りつけたなどとして、警視庁麹町署は12日、脅迫容疑で、徳島県阿南市富岡町南向、無職、青井昇容疑者(32)を逮捕した。同署によると、「小説の中で、好きなキャラクターの扱いがないがしろになっていると思い、腹が立った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年11月、公式サイトで公開されていた伏見さんのメールアドレスあてに「死ね詐欺師」「住所を割り出してやる」「後悔させてやる」などと、脅迫するメール10通を送信したとしている。

 同署によると、青井容疑者は、伏見さんの首が切断されているように写真を加工した画像を添付するなどしており、計500回以上、同様の脅迫メールを送信したとみられる。
「好きなキャラをないがしろにした」ライトノベル作家を脅迫 容疑の男逮捕 (産経新聞) - Yahoo!ニュース


熱心なファンのキャラクターとの一体感がハンパない。
作者を脅せば、自分の思い通りの話の展開になり、キャラクターと同一化できると思ってしまうのだろう。

小説というのは、自分が思いもしない展開に驚きと衝撃を受けて「やられた」と頭を叩くのが面白いと思うのに・・・。

私も3O年前に流行った北条司さんの「キャッツアイ」の来生瞳が好きだった。キャッツ♥アイ - Wikipedia
でも、あくまでマンガのキャラクターでしかなかった。

今回の事件のように、社会に出て人と係わることがないと、マンガやアニメのキャラクターに同一化してしまうのだろうか。
それろも、だだの熱狂的なライノベファンの犯行だっただけなのか。











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

このブログをはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。