QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最後のロータリーエンジン・スポーツカー「マツダ RX-8 SPIRIT R」追加生産して、その後「マツダ RX-8 」は消える



RX-8.jpg



マツダは、「マツダ RX-8」の最後の特別仕様車「SPIRIT R」について、1000台の追加生産を決定した。

人気が高いモデルは、6速MTにエアロパーツやビルシュタイン製ダンパー、特別仕様車限定のレカロ製バケットシート、ブロンズ塗装の19インチ鍛造アルミホイールを装着したもの。

SPIRIT Rの価格は、6速MTモデルが325万円、6速ATモデルが312万円。


若い時を思い出して、いまだにスポーツカーに乗りたいと思っている私です。

RX-7.jpg

特にピュアスポーツカーとしてマツダのロータリーエンジンを搭載したRX-7は憧れの存在だった。


なお、RX-8は2012年6月で生産を終了する。
ということは、マツダのラインアップから、ロータリーエンジン車が姿を消すということだ。



86.jpg

今年4月に発売した「トヨタ 86」がスポーツカーを盛り上げる存在になるのに、「マツダ RX-8」は生産を終了。
ぜひ、ロータリーエンジンを搭載したスポーツカーを発売してくれ。


それとも、日産が「ニュー シルビア」として復活でもいい。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。