QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「ポメラDM11G」で書いた文章をQRコードに変換してアンドロイドスマートフォンで読み取るのが最高に便利。





ポメラのQRコード機能を使いたい。

 私がポメラを買い増し続けた3台目のポメラは、「ポメラDM20」の機能をほぼ搭載している「ポメラDM11G」。
「ポメラDM11G」の便利な機能として「QRコード機能」がある。

このガンダムモデル「ポメラDM11G」を買ったときの記事は→ここ。

 ポメラのホームページには、iPhone用のQRコード読み取りソフトが無料で用意されているが、残念なことにアンドロイド用のソフトは用意されていない。

 唯一ポメラが外部機器と接続できる「QRコード機能」が使えないなら、「ポメラDM11G」を買った意味が半減する。


QRコードをアンドロイドで読むにはどうしたらいいのか?

 アンドロイドアプリで有名な「QRコードスキャナー」はポメラが吐き出す「QRコード」を読み取ることは出来ない。
それはポメラの「QRコード」は「連結QRコード」なので、「連結QRコード」に対応したアプリが必要。

ポメラが吐き出す「QRコード」は、全角200文字ごとに一つのQRコードとして表示し、それ以上の文字数がある場合は分割してQRコードを表示する。
一度に変換できる文字数はなんと全角3,200文字で、分割されたQRコードは16個になる。


「連結QRコード」に対応したアプリは

barcode2fileである。
このアプリは連続してQRコードを読み込むことが出来る。

↓「barcode2file」を起動させる・・・
shot_000004.jpg



簡単に「barcode2file」の使い方説明すると・・・



↓QRコードスキャンしたいテキストファイルを開く。

DSCI0357.jpg


↓「メニュー」→「ツール」→「QRコード表示」でQRコードに変換する。

DSCI0358.jpg

DSCI0359.jpg


↓「barcode2file」を起動させて、「Scan barcode」をタップして、QRコードを読み取る。

DSCI0363.jpg

ポメラの下キーを押して、次のQRコードを読み取る。
必要なページ分のQRコードを読み取る。

今回は、3ページ、QRコードを読み取った。

↓「barcode2file」で3ページ分のQRコードを読み取った結果がこれ。

shot_000001.jpg

「Save in file」をタップすれば、テキストファイルに保存をしてくれる。
このファイルを開けば、evernoteやブログ、ツイッターにコピー&ペースト出来る。









↓よろしければクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。