QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




久々の文房具。自由が丘の「SIX(シックス)」で「YORPPEN(ヨーロペン)」を買った。






斬新なデザインに興味を引いたYORPPEN(ヨーロペン)


連れと一緒に自由が丘をブラブラとしていたときに、クールな店構えに興味を引かれ立ち止まった。
半地下を降りると、そこはステーショナリーショップ。
six(シックス)の紹介ページはここ

DSCI0318.jpg


そこで今まで見たこともない形のボールペンが目に入り、連れと私それぞれ1本ずつ購入した。
値段は395円。

↓興味を引くデザインで、思わず買ってしまった。
DSCI0322.jpg



YORPPEN(ヨーロペン)とは、
子供でもストレスなく文字を
書けるように開発されたペン。
台湾出身のMr.Liuさんが自分の双子の娘”YOYO”と"RORO"のために開発されたという。
二人の名前から”YO”+”RO”でYOROPENと名前が付いた。
親の切なる思いが生んだ筆記用具で、世界各国で数々の賞を受賞した。


YORPPEN(ヨーロペン)の特徴は、
①力を入れず握るだけなので疲れない。

②持ちやすい位置に調節可能な回転グリップ

③”く”の字のデザインで視界を妨げないので紙
面が見やすい


YORPPEN(ヨーロペン)の使い勝手は


使い心地は、
YORPPEN(ヨーロペン)はペン先を寝かせても、垂直に近い状態になるので、書きやすい。
これがYORPPEN(ヨーロペン)の長所であるが、人によっては書きにくいかもしれない。
慣れれば、もっと使いやすくなりそうな感じがする。
YORPPEN(ヨーロペン)は使い捨てで、リフィルの交換ができない。
まあ、値段を考えれば許せる範囲かな。

↓ペン先が”く”の字に曲がっているので、こんな感じの持ち方になる。

DSCI0323.jpg

まだまだ、手になじんだ使い勝手にはならないので、会社で使ってみようかと思っている。





↓よろしければクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。