QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




復刻してほしいバイクはスズキ「GSX1100Sカタナ」



復刻して欲しいバイクはこれだ!


バイク王 バイクライフ研究所の調査によると、「復刻してほしいバイクモデルは」と尋ねたところ、

トップはスズキ「GSX1100Sカタナ」。


以下、ホンダ「NSR250R」


カワサキ「Z1/Z2」


カワサキ「500SS」


ホンダ「CBR400RR」と続いた。



GSX1100Sカタナはいったん1987年に生産終了したが、その後も何度となく復刻され、2000年にファイナルエディションとして販売した1100台をもって生産を終了した。





私ぺい一太郎ももとバイク乗りだった。
結婚をしてバイクに乗る時間がなくなり、バイク王に売ってしまった。

バイク遍歴は、
ホンダ VT250 SPADA

カワサキ ZXR400

カワサキ ZEPHYR

ホンダ RVF400とNSR250R

ホンダ CBR600F
と乗り継いできたが、バイクを降りて7年の歳月が経ってしまった。

バイクを乗り始めたきっかけのひとつとなったのが、1987年に『ヤングキング』で連載していた『キリン』というマンガである。
この『キリン』の1巻~4巻で、GSX1100S「カタナ」を操り、自ら「デカ尻女」と名付けたポルシェ・911に再び挑戦する「キリン」と呼ばれる男のバトルが描かれている。
この『キリン』に触発されて、GSX1100S「カタナ」に憧れを持ちながら、ホンダ VT250 SPADAに乗っていた。

いまだに、マンガ喫茶に行くと『キリン』を読み耽り、バイク青年だったころの夢を見る。







↓よろしければクリックをお願いします。

関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。