QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トヨタ・86は男心を揺さぶる車だ。



今月発売予定のトヨタ・86が展示してあったので、食い入るように見惚れてしまった。

86-1.jpg


86-2.jpg


トヨタ・86とは、富士重工業が生産し、トヨタ自動車が販売するスポーツカーとして、「クルマ本来の運転する楽しさ、所有する歓びを提案する小型FRスポーツのコンセプトモデル」のスローガンを掲げ、富士重工業(スバル)と共同で開発した。なお、富士重工業では一部仕様が異なる「スバル・BRZ」が販売される。

詳しくはウィキペディアを参考にして

展示をしてあったトヨタ・86に群がって見ていたのは、私と同年代のオヤジがほとんど。

価格も日産GT-Rやフェアレディ Zのような450万円以上もする価格帯ではなく、200万~300万で買える価格帯。
この値段なら、多少無理しても買えるかもなんて感じさせる価格帯である。

20年くらい前にトヨタ・カローラレビン(AE101)を所有していたので、小型スポーツカーの楽しさを知っているつもりである。
運転しているだけで楽しいと思えるトヨタ・86は、40歳を超えたオヤジには青春を思い出させてくれるスポーツカーでもある。

本当にワクワクさせてくれるフォルムで、自分のものにしたいという気持ちにさせてくれるスポーツカーである。





↓よろしければクリックをお願いします。


関連記事
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。