QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

カテゴリー "GALAXY NoteⅡ" の記事

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




読んだ本を深く頭に記憶する方法:GALAXY Note IIで自炊した本や購入した電子書籍を読むのがベスト②



GALAXY Note IIのスクリーンキャプチャー機能を使う

GALAXY Note IIで、乗車率100%以上の朝の通勤電車の中で、つり革につかまりながら、自炊した本を読んでいる。
ディスプレイサイズ5.5インチならギリギリ、本を読んできて辛くない。

もちろん、6インチE-inkディスプレイの電子書籍リーダーkobo gloの視野性には及ばないが、スーツのポケットに収まり、通勤電車の狭い空間では、GALAXY Note IIはベストなサイズ。


僕の電子書籍の読み方は、


 ・楽天koboで購入した電子書籍は、koboアプリで読み。
・自炊した電子書籍は、Perfect Viewer(Perfect Viewer PDFプラグインを導入)で読む。


どちらにアプリで本を読んでいても同じだが、「役立つこと」や「タメになること」を記憶にとどめたい文章で出会ったら、「手のひらを手刀のように立てて画面をなぞる。」ってスクリーンキャプチャーを録る。


GALAXY Note IIで表示しているページのスクリーンキャプチャーを録る方法は3つある。

①手のひらを手刀のように立てて画面をなぞる。
②ホーム、電源ボタンを同時に長押しする。
③Sペンのボタンを押しながら、画面を押し続ける。


本を読みながら、すばやくキャプチャーを録る方法は、①の「手のひらを手刀のように立てて画面をなぞる。」だと思う。キャプチャされた画像は、「Screenshots」というフォルダに保存される。


ただ、「Screenshots」というフォルダに画像を保存しっぱなし状態では、読み返すことはあまりない。なので、一冊の本を読み終えた時に、キャプチャした画像を一括して、Evernoteに送るようにする。


方法として、

①ギャラリーを開き、必要なキャプチャした画像を複数選択。

Screenshot_2014-03-16-09-37-57.png


②「共有」→「Evernote-ノートを作成する」

③Evernoteが立ち上がる。(選択した画像が挿入されている)

Screenshot_2014-03-16-09-38-31.png


④「ノートの題名」に、本のタイトルを入れる。

これで、一冊の本の中で、僕が気になったページのみが記録された、Evernoteのノートがひとつ作成される。
これを、時間があるとき、スキマ時間で、読み返し、頭に記憶させ、行動につなげていく。

繰り返し、読むことで、記憶の定着率が高くなり、無駄に本を読むってことがなくなる。








↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

スポンサーサイト




読んだ本を深く頭に記憶する方法:GALAXY Note IIで自炊した本や購入した電子書籍を読むのがベスト①



電子書籍リーダーkobo gloは、本を読むのにベストだけど、繰り返し読みにはベストではない

記憶にとどめておきたい文書や仕事やプライベートに役立ちそうな文書を巡りあった時、どうする?

電子書籍リーダーkobo gloなら、画面の右端をクリックすると、しおりが付き、あとからこのページを読み返せる。
さらに、しおりをつけたページにコメントを書き込める。

以外に便利そうな機能だけど、記憶にとどめるには役に立たない。

本を深く読むってことは、「役立つこと」や「タメになること」を記憶にとどめて、実際に行動に移すことが重要。
記憶にとどめる方法は、ひとつしかない。何度も同じ箇所を読んで、記憶をする。


しおりをつけた「役立つこと」や「タメになること」箇所を、何度も読むのに、電子書籍リーダーkobo gloのしおり機能は役に立たない。  

 当たり前のことだが、書籍ごとに、しおりがつく。
読み返すには、「書籍を選択→メニュー→書き込み→しおりをクリック」とひとつのページを表示するのに、手間がかかる。

なんと言っても、しおりをつけまくった書籍を読み終えると、しおりが消去される。
繰り返し読みことに関して、このしおり機能は役に立たないのだ。

さらに、同期をしても、koboディスクトップにしおりや書き込みがセーブさえされないので、本を読んでいる最中だけのその場限りの機能にしかなっていない。

電子書籍リーダーkobo gloは、本を読むのにベストなガジェットだが、繰り返し読み、記憶するにには向かない。


では、自炊した本や購入した電子書籍を読み返すのにベストなやり方ってなんだろうか?
次回、それについて、僕なりのやり方を書いてみる。











↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




紙の手帳のような使い心地を手から感じるGALAXY Note II



モレスキンの手帳を持っているようなサイズ感がいい!

一時、スケジュール帳にモレスキンの「ダイアリー」を使っていた。
シンプルな手帳で、けして使い勝手がいいとは言えなかったが、手にしっくりと馴染む大きさと手触りと書き心地が最高だった。

GALAXY Note IIを手にとり、Sペンで文字を書いていると、モレスキンの「ダイアリー」をふと連想させる。
サイズ感が同じだから、そう感じるのかもしれない。

ちなみに、モレスキンのサイズは、160 × 90 × 16ミリ。
一方、GALAXY Note IIは、151 × 80 × 9.7ミリ。

DSCN1152.jpg

付属のフリップカバーを開き、Sペンを本体から抜いて、Sノートを起動させることと、モレスキンのノートブックを開いて、ゼブラボールペンで書く行為が似ている。

DSCN1155.jpg


DSCN1154.jpg


ほんと、GALAXY Note IIのコンセプトである「Noteする?」は、伊達なことじゃない。
Sペンを使って、手書きで文章を書いたり、幼稚園児のような落書きをしていると、「GALAXY Note IIは、ノートだよね。」と思うね。
Noteする?|GALAXY Note II(ギャラクシーノート2)|ドコモ スマートフォン

自分が得た情報を操ることが出来るGALAXY Note

多くのアンドロイドスマートフォンが販売されているけど、「ノートになるスマートフォン」、「手帳になるスマートフォン」と明確なコンプセプトがあり、実感させてスマートフォンは、GALAXY Noteしかないのかもしれない。
iPhoneは、使う人それぞれが抱くイメージにコンセプトを曖昧に明示させてくれる力を持っている。
けど、GALAXY Noteほど明確ではないので、iPhoneに失望する人はいる。

もっと、日々、GALAXY Noteをデジタルメモ帳・ノートとして、使っていく先には、紙のメモ帳・ノートでは実現できないモノになっていく。  

・メモリーが許す範囲に、増殖できるメモ。
・数百枚のメモの中から、検索して自分が欲しい情報が手に入る。
・数百枚のメモを一度に持ち運びでき、重さも変わらない。


書いたメモが、いつでもどこでも、自分の手のひらにあるというのは、感動である。
これが、自分の実生活の中でどのような変化をもたらすのか?
それともただ、デジタル情報の波に踊らさられて、なんの役にも立たないのか?

まだまだ、僕は、手にした情報、自分で得て書きだした情報を、どのように使っていけばいいのか明確に見えていない。

そのことを検証できるGALAXY Noteだと思う。


↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo





GALAXY Note IIを使い出して、1日目が経過



Sペンを積極的に使う

GALAXY Note IIの特徴は、Sペンを活用した操作が主体になるはず。
Sペンを使わなかったら、GALAXY Note IIであらず、とにかく積極的にSペンを取り出してみた。

まず、メモ帳代わりにGALAXY Note IIを使ってみた。
Sペンを手に取り、ペンボタンを押しながら、画面をダブルタップし、ポップアップノートを起動。
さっと「Sノート」が起動し、手書きでメモが書けるようになる。

その場で思いついたとき、Sペンを本体から取り出し、ポンポンと2回画面をタップし、「Sノート」を起動させ、メモをとる。まるで、ボールペンで書いているかのように、ペンで画面をなぞれば、遅れることなく画面に文字が描写される。

実に、Sペンの追随性が素晴らしい。ストレスを感じることなく、Sペンで文字や図が書ける。


瞬時に、頭に浮かんだことをメモするなら、フリックで文字を打つよりも、ペンで書いたほうが早い。

フリック入力、初心者レベルの僕は、フリックで文字を打つことが多少ストレスを感じる。
だから、頭に浮かんでメモしたい言葉や文章があっても、「なんかフリックで文字を打つのが面倒くさい。」と思い、記録に残さないことがある。

反対に、「ペンで文字を書く」ことが面倒だとは思わないので、「Sノート」を起動し、Sペンで文字を書いて、記録を残せる素晴らしさを、実感しだしている。

でも、①Sペンを本体から取り出し→②ポンポンと2回画面をタップ→③「Sノート」を起動→メモが書ける状態になる。
3ステップで、やっとメモを書ける状態。
これは少し面倒。スピーディさにかける。


だから、僕はSペンを本体から取り出したらすぐに、メモをかける状態にしたい。

なので、「設定」→「Sペン」→「ポップアップノートを開く」をチェックし、「ペンを取り出すと、ポップアップノートを開く」ようにした。
試してももらうとわかるが、本体からペンを取り出した瞬間に、「Sノート」が立ち上がり、メモが書ける状態になる。

Screenshots_2014-03-05-21-37-22.png

素晴らしい!
この瞬間、GALAXY Note IIがメモ帳になった。

さらに、スケジュール管理が出来る「Sプランナー」にも、予定にも、手書きメモが貼り付けられる。
このように、「Sノート」を起動し、予定にリンクできる。

Screenshots_2014-03-05-22-03-56.png

この瞬間、GALAXY Note IIが手帳になった。

まだまだ、GALAXY Note IIの本体からSペンを取り出す行為に慣れていない。
ついつい、フリックで文字を打ったり、作胸ポケットに入っている紙のメモ帳に書いたりしてしてしまう。




↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo





GALAXY Note IIを触りだして、「ARROWS X F-02Eは残念だなぁ」と改めて思う



GALAXY Note IIは安心して使っていける、バランスのとれたニッチなスマートフォン

いまさら、ARROWS X F-02Eの不満点を述べたところでも、仕方がないが、
GALAXY Note IIを使い始めて、『実に、ARROWS X F-02Eは惜しい機種だな。ほんと、残念だよ。』と思わずにはいられない。

ARROWS X F-02Eにあって、GALAXY Note IIにないところは、

□5.0インチ Full HD(1080×1920)
□IPX5/IPX8、IP5Xの防水仕様
□FMトランスミッタ搭載
□約1630万画素 CMOSカメラ搭載
□指紋認証搭載

と、ディスプレイの大きさ以外、ARROWS X F-02EのほうがGALAXY Note IIより断然ハイスペック。
ここまで、機能満載のスマートフォンがないってくらいに、ARROWS X F-02Eはハイスペックだった。

でも、ARROWS X F-02Eはバランスが悪かった。

・バッテリーが持たず、12時間程度で、バッテリーがカラになる。安心して、外に持ち出せない。
 なので、予備バッテリーを1個とモバイルバッテリーを1個、カバンの中に入れていた。

・NVIDIA Tegra 3の発熱量が高く、本体裏側がホッカイロ状態になる。
 一度、本体が熱くなり、警告が出た。

・NVIDIA Tegra 3の特徴で、CPUに負荷がかかっていないと、クロックを下げて、バッテリーの消耗を抑える。
 この機能が災いして、高性能なTegra 3を搭載していても、動作がモッサリ。
 RSSリーダー「gReader」で、気になるブログを読んでいても、負荷が少ないので、Tegra 3はクロックを下げるので、動作がモッサリ。

完全に、NVIDIA Tegra 3のチューニング不足により、バッテリーの消耗も激しく、全体的に動作がモッサリ。


GALAXY Note IIを持ちだそう!:アプリをインストール

とにかく、ARROWS X F-02Eから、GALAXY Note IIに切り替えたいので、ARROWS X F-02Eで使用していたアプリをそのままGALAXY Note IIにインストールをした。
ARROWS X F-02Eの使い勝手を考えて、厳選したアプリたちなので、そのまま継続して使っていきたい。
GALAXY Note IIの横に、ARROWS X F-02Eを置いて、各アプリをインストール。

ここからのスナップショットは、GALAXY Note IIにインストールしたアプリ

Screenshots_2014-03-04-22-42-12.png Screenshots_2014-03-04-22-42-22.png Screenshots_2014-03-04-22-42-32.png Screenshots_2014-03-04-22-42-40.png Screenshots_2014-03-04-22-42-49.png Screenshots_2014-03-04-22-42-57.png


Screenshots_2014-03-04-22-43-06.png
Screenshots_2014-03-04-22-43-16.png


こんな感じで、GALAXY Note IIを使い始めようかと…。





↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加
このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

続きを読む





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。