QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

カテゴリー "ブログ執筆環境" の記事

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログ執筆中に音楽を聴くのか? 無音なのか?



集中して書きたいときは、無音

ブログ記事を書いているときは、音楽をかけるかの? それとも、無音状態なのか?

ブログを書いているときは、パソコンでインターネットラジオで音楽を流している時が多い。
(関連記事: Linux:Xubuntuでインターネットラジオを聴きながら、ブログを書く - モバイル天下百品
賢くない頭で文章を組み立てながら、キーボードを打つので、なるべく思考の妨げにならない音楽を流す。

よく言うように、ボーカルの入る音楽は、思考の妨げになるから、ブログ執筆中にはむかない
文章を考えているよりも、耳から入っていく歌詞に、思考が引っ張られる。  よほど、集中していなければ、歌詞を聞いてしまって、音楽の世界に没頭してしまう。

だから、ブログ執筆中は、歌詞のないインストメンタル的なJazzをよく聴く。
クラシックは、思考がゆるりとなり、眠くなってしまうので、ほどよくテンポの良いJazzを聴く。

でも、時には、一行も文章が書けない時がある。
言葉を頭の中から絞りだすようして、キーボードを叩いている。  

そういう時は、心地よいはずのJazzが、思考の妨げになり、イラッとさせる。
音楽が思考の妨げになり、音楽を切って、無音でブログを書くこともある。

で、プロブロガーの立花さんが、以下のような記事を書いている。

執筆中に音楽聴きますか?という質問への回答 [日刊たちばな vol.3] | No Second Life


立花さんは、キーボードを叩く音がイラッとするので、強力耳栓をして、外からの音を完全シャットダウンして、ブログを書いている。 確かに、集中して、頭の中から言葉を捻り出したいときは、音楽も思考の妨げになるから、無音のほうがいい。

自宅で資格取得や仕事の資料を作成しているときは、僕も強力耳栓をして、作業をしていた。  やはり、思考を絞りだすような作業の時は、音楽などを聴かず、外部からの雑音をシャットダウンして、物事にあたったほうがいい。






↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト




LifeTouchNOTEで、モブログ始めました…?



ARROWS X F-02Eに引き続き、LifeTouchNOTEでもMarkdownに挑戦

前回の記事でで書いたが、通勤電車の中などスキマ時間を利用してスマートフォンでブログ記事の下書きを始めた。
予想外に、Markdown記述で記事を書いていくことに、快適さと軽快さを感じた。
それなら、ARROWS X F-02Eだけじゃなく、LifeTouchNOTEでも、「Markdown+ブログ」記事を書く環境を構築をしようかと。

数ヶ月前に、ブログ執筆環境をLifeTouchNOTEからノートパソコンに移行したときから、すっかりLifeTouchNOTEは、机の奥底に追いやられた。
ひさびさのLifeTouchNOTEの復活に心が躍る。

2年以上も同じ環境で使い続けたLifeTouchNOTEは調子が悪く、しばし、アプリが異常停止することもあり、今回思い切って端末を初期化をし、ブログ執筆環境を構築。

まず、LifeTouchNOTEを初期化。
「設定」→「プライバシー」→「データの初期化」で、最低限必要なアプリのみをインストール。


インストールしたアプリ群

LifeTouchNOTEのディスクトップ画面のスクリーンショットを見てくれ。
たった、12個のアプリのみインストール。


自宅でもソファに座り、子供たちとテレビを見ながら、LifeTouchNOTEのさらっとブログ記事の下書きをするくらいなら、これだけのアプリで十分だ。

ここで残念なお知らせ。
ARROWS X F-02Eで使用しているMarkdown記述に対応したテキストエディター「MdReader」が、LifeTouchNOTEに対応していない!

「オーマイ ゴッド!!」

LifeTouchNOTEはAndroidOSのバージョンが2.2なので、「MdReader」が使用できないのだ。
OS2.2で、使用できないアプリが多くなってきた。

なので、OS2.2で使用できるMarkdown記述に対応したアプリを探すと、「MarkDrop」が適当そうだ。
この記事は、LifeTouchNOTE+MarkDropで書いている。


MarkDropが残念な点。

MdReaderは、HTMLを吐き出すことが出来る。
吐き出したHTMLをコピーとして、FC2アプリの新規記事に貼り付ける芸当が出来る。

言うならば、スマートフォンだけで、Markdown記述で記事を書いて、FC2アプリで記事を更新できるってわけだ。
最終的には、パソコンで記事を仕上げ、更新しているので、それほど必要な機能ではないのかも。

その代わり、MarkDropはMdReaderにはない機能がある。
記事の書かれたテキストファイルをDropBoxに保存し、シンクロしてくれる。

これは、考えていたより、便利な機能で実用的だ。

LifeTouchNOTE+MarkDropで記事を書いて、ファイルをDropbox上に保存。 パソコンでDropboxから書いた記事のファイルを、Linuxアプリ「ReText」で開いて、HTMLコードを表示。
そして、ブログ投稿アプリ「Blogilo」で、記事を完成させて投稿すればいい。

動作の軽い「MarkDrop」でさくっとLifeTouchNOTEで記事を書くのもいい。
ひさびさに、LifeTouchNOTEの素晴らしさを再認識してしまう。







↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo





モブログ始めました:Andloidスマートフォン「ARROWS X F-02E」とMarkDown記述で瞬速ブログ



MarkDown記述に対応したAndloidアプリ「MdReader」でモブログ

「モブログ始めたした。」って言っても、すべてスマートフォンでブログ記事を投稿しているわけじゃない。
そう書くと、「タイトルに偽りあり」って感じかも。

一応、「モブログ」というを簡単に説明すると、

携帯電話やスマートフォンを使って、短い文章やカメラ機能で撮影した写真などを頻繁に投稿するという形態
パソコンを使わずに、携帯電話やスマートフォンでブログの更新という形態

すべて、パソコンを使わずに、スマートフォンだけで、ブログ記事を投稿して更新するということ

僕はパソコンを使わずに、ブログを更新するスタイルは得意じゃない。
なので、スマートフォンはあくまでサブという感じで、ブログを更新していく。

ようは、通勤電車の中や仕事の合間などのスキマ時間に、ブログ記事の下書きをスマートフォンでしていくというものだ。

えっ! こんなこと以前からやっていたじゃん!と言うでしょうね。
確かに、Andloidアプリ「FC2ブログ」で下書きをして、パソコンで画像やリンクなどを貼り付けて更新していた。

でも、「FC2ブログ」+「フリック入力」というスタイルが好きじゃない。
気軽に、ブログ記事が書けるほど、快適じゃなく、利便性も良くない。


もっと、記事を書くことに集中でき、なおかつ、文字の強調や見出しなども、同時に仕上げたい。
パソコンで加工することをもっと少ないして、スパっと記事を後悔したい。

こんな贅沢な欲求を叶えてくれるのが、MarkDown記述でブログ記事を書くことだと、一週間前ほどに気づき、パソコンもMarkDown記述に切り替えた。

本当に便利。
テキストエディターで記事を書いている感覚で、ブログ記事を書く。
文字を打つと同時に、タグまで記述できるので、集中して記事が書ける。

では、Andloidスマートフォンに「MdReader」をインストールしてみよう。 MdReaderアプリ

では、実際に記事を書いてみる。
上右の「+」で、新規記事を作成し、ファイルネームを入力。

下の方に、よく使うタグのアイコンであるので、見出しを書きたいなら、"#"を押して、見出しを書く。
文字を強調したかったら、"B"を押せば、強調。 改行したかったら、"→"を押せば、スペース2回分となる。






こんな感じで、必要なタグを下にあるアイコンから選ぶだけ。
それだけの手間なので、記事を書くのに集中でき、テキストエディターで記事を書いている感じだ。

ちなみに、今回の記事の大半は、Andloidスマートフォン「ARROWS X F-02E」と「MdReader」で書いている。


「MdReader」で作成したファイルをDropboxで共有して、パソコンの「Blogilo」で仕上げている。 MarkDown+「MdReader」で、テキストエディターで書いているかのように、記事の下書きが出来るようになった。

言っていくけど、僕は「モブログ」では、ブログを更新はしない。 私が決してモブログをやらない392の理由






↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo





MarkDownテキストエディターとして「ReText」を使ってみる



今回のブログ記事はMarkDown記述で書いてみた

いきなりぶっつけ本番で、Linuxmintを搭載したパソコンでMarkDoown記述でブログを書いている。
今回、使用したMarkDownテキストエディターは「ReText」というアプリ。


Linuxmint環境に「ReText」をインストール

まず、ReTextを簡単に説明すると、

■Markdownで書いたテキストをリアルタイムプレビューできる。
■HTML シンタックスハイライト *HTML,PDFへのエキスポートができる。
■HTMLコードを一発で表示できる。→これが重要なポイント!

何にしても、「ReText」を端末にインストールすることからはじめる。 端末を起動させ、以下のコマンドを入力。

sudo add-apt-repository ppa:mitya57
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y retext

もしかして、リアルタイムプレビューをした時に、エラーが発生することがある。
それは、Python3.2以上がインストールされていないときらしい。

Linux環境でMarkdownやRestructuredTextをかくためのエディタはこれで決まりを参考にして、僕はReTextを導入したので…。


10つの記述方法を覚えるだけでMarkDownで、ブログは書ける!

①#、##、###:見出し

ABCDEFG:斜体

ABCDEFG:強調

④「」「+」「-」:箇条書き(記号の直後にスペースかタブ要)
行頭に数字+ピリオド:番号付け(記号の直後にスペースかタブ要)
箇条書き・番号付けの後ろで改行は、「行末スペース
2」でできる
レベル2は、「 - 」。

⑤>:引用

リンクテキスト:リンク

代替テキスト:画像

⑧行末にスペース2つ:段落内での改行

⑨行頭にスペース4つ またはタブ:コードの記述

⑩HTMLタグ:直接タグを書く(一部制限あり)


なぜか? 「リターン」キーを2回ポンポンと叩いても、2段改行にならない。 なので、HTMLコードを直書きして対応した。

ReTextを使って、MarkDown記述でブログ記事を書いただけで、ブログ更新はできない。
あくまで、ReTextは、MarkDownテキストエディターでしかなく、完成した記事に、画像を挿入したりするのは、「Blogilo」を利用する。
(前記事で文句を言っても、FC2ブログに記事をアップするには、「Blogilo」は使い勝手がいい。)


「編集」→「HTMLコードを表示」にして、コードをコピーする。
コピーしたコードを、「Blogilo」上のHTMLエディタにペーストする。


HTMLコードをペーストしたら、「ビジュアルエディター」上で、画像を挿入して、記事を公開する。
ReText上では写真や画像を挿入することは出来ない。 が、MarkDown記述のみで、文章を書き上げながら、タグ(マークアップ)を同時に書きながら、完成まで持っていける。

慣れれば、ブログ更新の時間が短縮できそうだ。




↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo





テキストエディターで文章を書くように、早くブログが書ける「MarkDown」記述にスポットを当ててみる



Linuxブログエディター「Bloglio」の不満点を解消するために、MarkDownエディターでブログを書いてみる


昨年の12月中旬から、ブログ執筆環境をWindowsからLinuxに一時的に移行し、現在に至っている。
膨大なLinuxアプリの中で、ブログエディターなるモノはほとんど存在しない現状で、ほんと、「Bloglio」くらいしかない。



AOA150-Bbに導入したLinuxディストレビューション「Linuxmint」でのブログ執筆環境の構築 - モバイル天下百品


2ヶ月あまり、ほぼ毎日、「Bloglio」でブログを書いていて、不満な点がある。

□エディターなのに、「アンドゥ」機能がない

それは衝撃。

間違えて、文書を消してしまっても、元に戻せない。
消してしまった文章を思い出しながら、再度、文字を打ち込んでいかなければならない。

Linuxに慣れていないので、「アンドゥ」コマンドが見あたらなくても、Linuxの慣習に沿ったコマンドを打ち込めば、出来るのか?


□ビジュアルエディターとHTMLエディターが分かれている

文章を打ち込んだり、装飾したり、写真を挿入するのは、ビジュアルエディター部を使用し、HTMLを直書きするのは、HTMLエディター部を使用する。

このふたつのエディターの使い勝手がよくない。
あとからHTMLコードを修正するのが、面倒。

ビジュアルエディター部に、HTMLコードを書くと、ただの文字として認識され、HTMLコードと認識されない。
HTMLコードと認識させるのは、HTMLエディター部に書かなくてはいけない。

先に、ビジュアルエディター部に文章を書いてあると、HTMLエディター部には、HTMLコードを施した文章が段落改行なしで、ずらずらと文字が並ぶ。

これが見にくい。

途中にHTMLコードを挿入するのが大変で、どの部分にコードを挿入したらいいのか、目を粉にして画面とにらめっこしなくてはならない。


□文字の大きさを指定しにくい

ビジュアルエディター上で、文字の大きさを変更するのに、アイコンをクリックする。

これが、あまり良くない。

何ドットのフォントサイズなのか分かりづらい。
フォントサイズを確認するのは、HTMLエディター部でHTMLコードを確認しなくてはならない。



「Bloglio」の欠点をまとめると


「Bloglio」は、WYSIWYGエディターとしては完成度が低く、最低限の機能しか持っていない。
HTMLコードがある程度分かっていないと、「Bloglio」を満足に使っていけない。

かと言って、「Bloglio」は、HTMLエディターとして、最低限の機能も有していないので、HTMLベタ打ちになる。



「Bloglio」でブログ執筆をやめて、テキストエディター+HTMLタグ打ちに移行してみるのも手

だからといって、テキストエディターでHTMLタグを手打ちしながら、ブログなんて書いてられない。

もちろん、HTMLタグをバンバン打ち込んでいく、知識も技術を持ち合わせていない。

まあ、仮にも、テキストエディターじゃなくて、HTMLタグを効率的に打つ込めるHTMLエディターを使う手もあるが、これにも知識と技術が必要。



MarkDown記述はブログを書くのに最適そうだ

とにかく、MarkDownとは…、
読みやすさと書きやすさの両方を兼ね揃えた軽量マークアップ言語で、簡単でシンプルな記述で、HTML文章が書けるのが特徴。

さらに、『書きやすくて読みやすいプレーンテキストとして記述した文書を、妥当なXHTML(もしくはHTML)文書へと変換できるフォーマット」として、ジョン・グルーバー(John Gruber)により作成された。』と、Wikipediaに書かれている。


HTML 直書きよりはるかに早くブログを書ける Markdown 記法厳選5つ | Simple Living


通常、テキストエディター+HTMLタグ打ちで、ブログ記事を書くときには、

①文章をベタ打ちする。
②強調したい文字や色をHTMLタグを打ち込んで装飾する。


それが、MarkDownなら、

①文章をベタ打ちしながら、タグも打ち込んでいく。
と、文章とタグなどを同時に打ち込んでいくという方法が取れる。


複雑なHTMLタグを書き必要がなく、シンプルで見やすいタグをはじめに記述し、そのあとに文章を書いていくというスタイルなので、プレーンなテキストを書いているようにHTML文章が書ける。

これは、僕の求めているHTML文章の書き方だ。


懸念する材料は、以下の通り。

①Linux環境でMarkDownエディターはあるのか?

②使用するMarkDownエディターは、HTML記述に変換する機能はあるのか?(FC2ブログは、MarkDown記述に対応していない。)

③吐き出したHTML記述を、「Bloglio」に貼り付けて、ブログに記事をアップしないといけないのか?

④画像の貼付けをMarkDownエディターだけで出来るのか? 画像データをアップする手段はあるのか? 「Bloglio」でアップしないといけないのか?


など、ブログ執筆環境をMarkDownに移行する方法を模索しなくてはならない。





↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。