QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

カテゴリー "家族" の記事

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




100歳の祖母が永眠



8時01分に祖母永眠

悲しい話…

今年70歳になる母親からメールが来た。
『お祖母さん、今日の8時01分 逝去』という一文。

今週始め、母親が祖母の病院に見舞いに行ったときにから、肝機能が低下し、酸素マスクをしていた。

どうも、2月中旬から体調が悪くなり、発熱、肝機能障害により、点滴を鼻からつけている。
呼吸もつらい状態。


医師からは、『覚悟してください』との話だった。

その覚悟しなければいけないことが、起こってしまったわけだ。


今年2月4日に、めでたく100歳を迎えた祖母。

僕ら孫たちは、祖母にそれぞれバースディカードを入れたプレゼントを送ったのに、そこ直後から体調が芳しくなくなった。


何かを察したのだろうか?


付き添っていた母親のお兄さんからは、「少しの苦しみもなく安らかで、りっぱな死に方だったよ。」と、話があった。

まさに、「大往生」という言葉に相応しいのでは?と孫の僕は思う。






↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
スポンサーサイト




神奈川スケートリンクで、はじめて、アイススケートをやる43歳の僕



家族で横浜にある「神奈川スケートリンク」にアイススケートをやりに行く




43年間ではじめてアイススケートというモノをやった。

今回は、小学1年生の長女が通う学童保育主催のアイススケート。
長女が「アイススケートをやりたい!」というなら、父親として参加しなければならない。


貸靴込みで、大人1600円で、子供は1200円。
少し高いかなと思うが、時間制限無しでこの料金なら、悪くない。



神奈川スケートリンク | 料金案内


自家用車で「神奈川スケートリンク」に行く人に注意。

「神奈川スケートリンク」の駐車場は、すぐに満車になる。
時間がもったいないので、周辺の有料駐車場に停めたほうがいい。

「神奈川スケートリンク」の駐車は、無料ではなく、3時間500円かかる。
周辺の有料駐車場は、「24時間で1000円」「30分100円」なので、「神奈川スケートリンク」の駐車場と値段が変わらない。


で、僕はというと、子供の頃、ローラースケートが流行っていて、多分にもれずローラースケートで近所の坂を滑走していた。
そのおかげか、転ぶことなく、アイススケートを楽しめた。


「神奈川スケートリンク」は初心者でも安心してアイススケートを楽しむことが出来る。
30分に1回、無料で「アイススケート初心者」のための講義をやってくれる。
これに参加をすれば、余程運動音痴じゃなければ、滑れる。



泣き虫な長女は、歯を食いしばって、アイススケートにのめり込む姿を見た


ふだんの長女は、自転車でもゲームでも、すぐ思い通りにならないと、「もう、イヤだ!」と泣いて、諦めてしまう。

はじめて、1時間ほどは、僕が長女の手を持って、転ばないようにリンクを上を滑っていたが、だんだんとひとりで滑れるようになったきた。
その時点から、長女の手を離し、ひとりで滑れと託した。

リンクのヘリにつかまりながらも、ひとりで懸命に滑る。
転んでも、起き上がって、黙々と滑る。

「少し休憩しなよ。」と、声をかけても、「大丈夫。」と黙々と滑り始める。

こんな姿を見て、親ばかな意見だが、「娘、頑張っているな。」と、声援したくなる。
少しヘタレな娘だと思ったが、だんだんと成長していく姿を見て、感無量。


今度は、家族4人で、「神奈川スケートリンク」でアイススケートを楽しもうと思う。




↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo





家族でクリスマスパーティを行うのは、24日それとも25日?



ぺい一太郎家では、25日の夜、家族でクリスマスパーティをする



自分の無知を晒せ出すようで、恥ずかしい話だけど、「ぺい一太郎家では、25日の夜に家族でクリスマスパーティをする。」
どうも、それが
世間では間違っているらしい。


ことの起こりは、『25日に会社の忘年会をやる』という話から、「我が家は25日に家族でクリスマスパーティをやるから、忘年会は欠席。」と言ったところ、『24日のクリスマスイブに家族でパーティをやるのが普通じゃない。そして、25日の朝に、子供たちの枕元にプレゼントを置くんでしょう。』と、3人から苦笑交じりで言われた。


それは事実なのか?

我が家では、25日の朝に、こっそりと子供たちの枕元にプレゼントを置く。
「ほーら、君たちがいい子にしていたから、サンタさんがプレゼントをくれたんだよう。」とプレゼントを抱いて、微笑んでいる子供たちに、「サンタさんにありがとうを言って、今夜はクリスマスパーティをやろう!」と僕は言う。


この『25日の朝にプレゼント⇒夜にクリスマスパーティ』という流れが、世間では認められていない話みたいだ。



本当は、いつクリスマスパーティをやるのか調べてみた

マリアさまは、24日の夜に、陣痛が始まって、25日の朝にイエスキリストさんを生んだ。
、と言う事は、イエスキリストさんの誕生日は25日。


クリスチャン的には、24日の夜から25日の昼までがクリスマスというのが一般的で、24日のイブにクリスマスをやることはおかしなコト。
25日の朝に、家族でミサに行き、家族や親しい人と一緒に過ごすのが欧米のクリスマス。


じゃ、
『25日の朝にプレゼント⇒夜にクリスマスパーティ』というやり方が本来のクリスマスの流れじゃないか!











↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo





子供たちが食べないと言って、ご飯づくりを放棄した妻



3ヶ月に1度繰り返される:ご飯づくり放棄宣言!



旦那として父親として、どのように対処すればいいのか?

会社から帰ってくると、4歳の次女と7歳の長女がリビングに座り込んで泣いている。
「また妻を怒らせることをしたんだな。」


泣きながら僕に訴えてくる長女。
「お母さんがもうご飯作ってくれないなんて、どうしたらいいの?」、「二度と私たちにご飯作ってくれないの!!」
横にいる次女は、泣いているお姉ちゃんにつられて泣いているだけ。
緊迫した状況にも絶えず、マイペースな次女。


うーん。またこれか。


3ヶ月に1度の割合で繰り返される出来事。
ふたりの娘が夕ご飯を食べず、妻が怒って、「食べたくないなら、食べなくていい! もう二度とご飯作ってあげないからね!」と言った。


そのたびに、妻は僕にポツリと、

・基本的に料理をするのが好きじゃない。
・頑張って作っているのに、娘たちは食べてくれない。
・毎日、娘たちの尻をたたきながら、ご飯を食べさせている。
・旦那も(僕のこと)、一言も美味しいとも言ったことがない。
・毎日、一生懸命に作っても張り合いがない。

等々…。



娘たちはなぜ、妻のご飯を食べないことがあるのか?

食べ物に対する感謝
の念を娘たちに与えていない僕ら親たちのせいである。


□基本的に、夕ご飯時、娘たちはお腹があまり空いていない。

長女は学童保育でおやつを食べ、次女も保育園でおやつを食べている。
お腹を空かし、夕ご飯が出来上がるのを待っていることがない。



□「食べ物を粗末にするな」と言葉では言っているが、お腹が空いて、我慢ならない経験が娘たちにはない。

ご飯時以外でも、お腹が空けば、僕ら親がお菓子をあた
えてしまう。


娘たちの欲求にすぐ答えてしまっている。
だから、「食べ物は大切で粗末にするな。」と言っても、娘たちには、心に響いてこない。
これは、僕ら親のせいである。



□妻は料理が得意じゃない。

料理本はよく買うが、料理の腕は上がっていない。
そう、妻の手料理は不味くはないが、美味しくもない。
僕も週末の夕ご飯を作るが、妻以上に美味しくない…。



□量が多い。

子供たちにとって、量が多い。
基本的に、野菜、魚中心のレシピなので、子供たちが好きなメニューじゃない。それなのに、量が多いから、食べる前から娘たちは残さず食べることを放棄している?



僕が妻に提案したこと

悩んでいる妻に対して、どのようなことを言ったらいいのか考えてみた結果。


□ご飯の量を半分にする。

「足りないかな」という程度のご飯の量にする。
絶えず、子供たちのお腹が満たされているから、ご飯の量を減らして、お腹を満たされないようにする。
「お腹が空いて、もっと食べたい!」という気持ちにさせる。



□間食をさせない。

お腹が満たされないようにする。
お腹が空いた状態で、夕ご飯に向かうようにする。



□精進料理のようなメニューにする。

育ち盛りで、精進料理のようなメニューでいいのかわからないが、「物足りなさ」を演出するために必要かと。



提案してみたが、妻は拒否!

「結局は、私の負担がかかっているだけで、これで食べてくれないなら作らないほうがマシ!」と言われる。


僕が「食事を作り食べさせることは親の勤めで、教育と同じだよ。それを放棄するのはどうなんだろう?」と言うと、「なら、親失格でいい。もうご飯作らないから!」と半泣きで切れられた。



うーん、妻がご飯を作ることを放棄したぺい一太郎家は、これからどのように終焉を迎えたらいいのか?











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



縁のない人の葬儀に出席しないことで、口論になる



葬儀に出席しないことが口論になるほどのことなのか?



父親の葬儀後、縁のない人の葬儀に一切出席しないことに決めた。
(葬儀に出席しない理由は→5年前に身内以外のお通夜、告別式をすべて辞退することを決めた


以後、同僚の親の葬儀があっても、出席しないのはもちろんのこと。葬儀に出席できない人のために、香典を集めていても、理由を簡単に説明し、香典を渡すことも辞退。
同僚の葬儀には、それで済んでいたんだが…。



僕がお世話になっている協力会社社長の親の葬儀に出席する、しないで口論になる。

上司に「いつも世話になっている社長ですけど、葬儀に出席はしません。」と言い、それを聞いた上司は「なぜ?。こいつはこんなことを言っているんだ?」という顔をした。


僕は上司に葬儀に出席しない理由を述べた。

■本来、お通夜や告別式は、故人を偲ぶセレモニーなので、故人を知っている縁のある人のためのモノ。
■それなのに、故人に会ったこともなければ、写真する見たこともない人の葬儀に出席し、手を合わせることなんて、失礼で私には出来ない。
■のちに社長に会ったら、「ご不幸にあったことを…」とご挨拶をするので。
■身内の葬儀を行った経験として、故人と縁のある人に来てもらいと強く思う。


苦悶の表情を上司は浮かべ、僕に言い放つ。

■会社と会社との付き合いだから出席しろ。
■部の代表として出席しろ。
■いつもお世話になっている社長の親なんだから、出席しないと、『ぺい一太郎さんは、葬儀に顔を出さなかった。』、と思われ、印象が良くない。
■葬儀に出席して、顔を見せれば、社長は喜ぶ。


と、どうしても葬儀に出席しろと責める。
僕が葬儀に出席しない理由を先に説明したことは、何の役にも立っていない。ただの偏屈な僕の戯言として無視されたわけだ。


なので、僕は個人として葬儀に出席するのではなく、「上司の命令として、会社の代表として、葬儀に出席することにした。
そう言い放ったあとの上司の顔はあいかわらず、苦悶の表情。









↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。