QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

カテゴリー "タスク管理" の記事

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今年やりたいことリストを決め、実行可能レベルまで細分化してみる



2014年がより良い一年になるように、「やりたいリスト」を決める



みなさんは、2014年になる前に、「来年やりたいこと」、「来年の目標」、「来年、夢を叶えたいこと」などをリスト化して、新年を迎えたことでしょう。
先送りが染み付いている僕は、2013年12月31日が終わろうとしている時間まで、「来年は、こんな自分になりたい」、「来年こそは、これをやり遂げたい」と漠然と頭の中で、思い描いただけで、除夜の鐘をNHKで聞いてしまった。


まずは、「
今年やりたいこと」、「今年、実現したいこと」、「今年目標」をテキストエディターで箇条書きをしてみる。
スマートフォンでも、会社のパソコンでも、自宅のモバイルバソコンでも、どこでも見れるように、作成したテキストファイルをクラウドサービス・Dropboxに保存。


いつもで、どこでも、自分の夢、目標、やりたいことが確認でき、朝と寝る前に、目にしておくことが重要。
基本的に、人は面倒なことが嫌いで、今の状態が心地いいなら、現状維持を選ぶ。
コンフォートゾーンから脱却するために、常に自分のやりたいこと、夢、目標を確認しながら、行動していく。


自分の夢、目標、やりたいことを書いただけじゃ、ゴールにたどり着かない

自分の夢・目標を思い当たることすべてを書き出すことは、重要。
でも、ただ夢をテキストに書きだして、満足したんじゃゴールにたどり着かない。
よく、「夢を紙に書くと叶う」なんていうけど、そんなことなんてありゃしない。


とにかく、夢・目標をできるだけ、実行できるレベルまで分解していく。
そうすれば、おのずと夢・目標に向けて、やることが明らかになっていくはずだ。
正月に夢・目標をテキストに書きだして、満足しているだけでは、一年間、何もしないのと同じ。


そう、タスクリストを構造化する。

例えば、「体力をつけるためにランニングをする。」という目標を建てたとしよう。
ただ、「ランニングをする」とだけじゃ、1日もランニングをしない可能性が高い。

だから、「ランニングをする」というタスクを構造化して、実現できるレベルまで分解してリスト化していく。


○体力をつけるためにランニングをする。

→ランニングシューズをスポーツショップで買う。
→ランニング用の靴下を
スポーツショップで買う。
→アマゾンでランニング入門書を買う。
→週末、60分ランニングをする。
→ハーフマラソンに出場する。→神奈川や東京で開催されるハーフマラソンをネットで調べる。


というように、実行可能レベルまでタスクをリスト化していく。
リスト化した項目をひとつひとつ実行していけばいいだけ。


とにかく、自分の夢・目標・やりたいことを箇条書してみよう。
そして、箇条書した中で、本当に実現したいことを選んで、実行可能レベルまで分解して、タスクリストを作ってみよう。










↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

スポンサーサイト




僕は毎日3つことをやり続けているけど、結果が表れない焦り



毎日、3つのことをやり続けている

small_33202448.jpg


僕が毎日、やり続けていることは、
■ブログ記事を書くこと。
■タッチタイピングを習得すること。
■筋トレをして、細マッチョになること。

でも、結果に表れない・・・。
結果がでないもんだから、モチベーションが保てなくなるときがある。「もう、やめてしまおうかな・・・」なんてふと思ってしまう。
でも、やめられないんだよね。
毎日やり続けているもんだから、「習慣づいて」しまっているんだろう。それと同時に「やめてしまうことに恐怖を感じる。」こともある。



ブログ記事を書き続けている

昨年の3月27日以来、今日までブログを更新し続けている。ただ一日も休むことなく、毎日だ。

人に読まれることを意識して記事を書いているのに、読者が増えることもなく、アフェリエイトの報酬も数千円程度。ブログを通じてのコミュニケーションの輪も広がらず、というよりも輪さえない。
独り言を毎日、ネットに発信しているのか!って状態だ。

モバイル天下百品 「モバイル天下百品」を開設して1周年!



タッチタイピングを習得すること

LifeTouchNOTEやポメラで中速タイピングをマスターして、「ブログを書く時間の短縮」と「思考している速度でタイピングをしたい」と言う思いからだ。

毎日、15分程度タッチタイピングの練習をしているが、結果がでない。

ゆっくり話す速度でタイピングをするなら、95パーセントタッチタイピングは出来る。単語なら、ほぼ100パーセントミスタッチはない。
が、少しでも速度を上げると、途端にミスタッチの嵐。
ミスタッチを連発すると、イライラが募り、誘発するようにミスタッチの連打。

タッチタイピングの練習方法が間違っているのか?なんて思い、ネットで検索をする。
「どうも、間違っていないみたいだ。」
なのに、タッチタイピングが上達しない。

タッチタイピングの練習を始めて、1ヶ月が過ぎた。
練習を始めて時と比べて、ほぼ変わっていないような気がする・・・。

このまま、ずっとやり続けてもタッチタイピングを習得できないのか?
高速にタッチタイピングが出来ることは一生ないのか?
なんて、落ち込んでしまう。

モバイル天下百品 LifeTouchNOTEでタッチタイピングが上達しない!




筋トレをして、細マッチョになること

これに関しては、結果で目に見えそう。
ダイエット目的で、筋トレを始めていないので、どうにか目的が達成できそうな感触がある。

ただ単に、阿部寛さんのような細マッチョになりたい!という願望のみで初めて筋トレ。

筋トレは最低3ヶ月経過しないと結果は目に見えず、習慣化されない。
3ヶ月やり続けて、細マッチョの兆しが見えたからと言ってやめてはダメだ。習慣化されてからが本番だ。

筋トレは「毎日、やり続けない」といけない。
筋肉を維持し続けないとならないからだ。

101%の負荷を与えながら筋トレをし続ければ、自ずと結果がでるものだ。

モバイル天下百品 筋トレをはじめて、10日間。結果は目に見えず。














↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



タスク管理を始めてやる気が出てきた:ツールは「Toodledo」+アンドロイドアプリ「DGT GTD」で僕のタスク管理



「スマホ時代のタスク管理「超」入門」を読んでからのタスク管理実行

small__1882317616.jpg


佐々木 正悟さんの「スマホ時代のタスク管理「超」入門」を読んで、タスク管理の重要性と私生活に潤いと充実感をあたえるんじゃないかという予感。
これは、タスク管理をしないと損をすると焦った。




そうは言っても、本を読み終えても具体的にどのようにタスク管理でを行ったらいいのか理解できず、もう一度本を読み返した。
とにかく、今、理解できている範囲で、スマートフォンでタスク管理をしようと実行に移すべきだと。



タスクとスケジュールを区別して管理をする。

small__3596406125.jpg


「タスク管理とは何か?」「スケジュール管理とは何か?」を理解することから始まった。

・タスクは、始める日時・時間は決まっていない・分からないが、終わる(終わらせる)日時・時間が決まっているもの。
・スケジュールは、始まる日時が決まっているもので、時として終わる日時が決まっているもの。

と分類して、次のことがタスクなのかスケジュールなのか理解する。

たとえば、僕が「歯が痛い」としよう。
歯医者に行くことが決まっているならば、スケジュール帳に歯医者に行く日時を書き込む。
のちにスケジュール帳を見て、その日時に歯医者に向かう。


次に、「歯に何か違和感」あるとしよう。
まだ、歯医者に行く日を決めていないけど、1ヶ月以内に歯医者に行こうと考える。
タスク管理に、「歯医者に行く」と書いて、「3月31日までに」と書き込む。
モノゴトを始める日時は決まっていないけど、○○までに終わらすってことが分かる。
歯医者に行く日が決まったら、スケジュール帳に歯医者に行く日時を書き込めばいい。


ようするに、タスク管理は、「自分がしたいこと」「自分がしなくちゃいけないこと」を明確にして、「いつまでやるのか」「いつまでやらなくちゃいけない」かの期限を決める。

この点がスケジュール管理とタスク管理の違い。
この点を踏まえて、スマートフォンでタスク管理とスケジュール管理をしてみた。



タスク管理は「Toodkedo+DGT GTD」、スケジュール管理は「Google+ジョルテ」で決まり。

■スマートフォンアプリ「ジョルテ」でスケジュール管理。

仕事の予定とプライベートの予定と区別しないで、自分に関係する予定はすべて入力して、一覧で見えるように。
このすべて見えるってことが重要だ。

もちろん、「ジョルテ」とGoogleカレンダーを同期できるように設定はしておく。
これで、会社でも自宅でもPC上で予定表の確認でき、さらに予定の追加、修正、削除も出来る。
スマートフォンやPCでいつもでどこでも最新のスケジュールか確認できる。
いつでもどこでも最新情報が確認出来るのが重要なポイントだ。

screenshot_2013-03-10_1420.png



■スマートフォンアプリ「DGT GTD」でタスク管理。

「DGT GTD」は、Todo管理ツールの定番「Toodkedo」と連帯できるスマートフォンアプリで、無料で使うことが出来る優れたアプリ。

とにかく、「やるべきこと」があるなら、タスクを入力。これで「やる気がある」「やる気がない」に関係なく、タスクをコナすことに集中できる。

screenshot_2013-03-10_1421.jpg


タスクを入力するためには、自分がやらなくちゃいけない事柄が明確じゃないといけない。

■たとえば「自転車を整備する」というタスクがあれば、もっと突っ込んで考え、複数のタスクに細分化出来ることに気が付く。
「工具を買う」「オイルを買う」「タイヤに空気を入れる」など、ひとつひとつの分かりやすいタスクになる。


■行動のログ記録とモチベーションを保つために、毎日のタスクも「DGT GTD」に入力してタスク管理をしている。

screenshot_2013-03-10_1421_1.jpg



たとえば、タッチタイピングを修得したいと決めて、「毎日15分、タッチタイピングの練習をしよう!」って誓いをたてる。

で、「DGT GTD」のタスクに、

・項目・・・タッチタイピングの練習
・Due Data・・・誓った日を入力
・DUe Time・・・布団に入る時間まで
・Repeat・・・毎日(Every 1 day)
・Context・・・就寝前

って入力。


一日のうち寝る前までに、Life Touch NOTEでタッチタイピングの練習を15分程度する。
忘れないように、タイマーアプリ(Stopwatch and Timer)で15分セットしてから始める。

15分間、Life Touch NOTEでタッチタイピングの練習したら、「DGT GTD」を起動し、「タッチタイピングの練習」タスク項目を指でチェック!
その瞬間に、「タッチタイピングの練習」タスク項目はTomorrowに移される。


毎日、これの繰り返しになる。
行動のログ記録とモチベーションアップに役立つ。


もちろん、「DGT GTD」で「Toodkedo」と同期設定を行う。
そうすれば、PCでWeb上の「Toodkedo」でタスクの追加、修正、削除が出来る。
スマートフォンでもPCでも最新のタスクが確認できるわけだ。


とにかく、タスク管理の重要性と面白さを感じるために、身近な事柄を見つけてタスク管理をしてみた。
タスク管理に「Toodkedo+DGT GTD」が最適かどうかも、検証もしてみたい。
もっと難しいプロジェクトも「Toodkedo+DGT GTD」で管理出来るかどうかも確かめてみたい。


「Toodkedo」が使えそうだ、僕には向いていると判断したら、有料に移行してもいいかもしれない。


タスク管理は難しいアクションかもしれないが、タスク管理の面白さに少しずつ分かってきた。









↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。