QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

カテゴリー "文具" の記事

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ロフトで見たキングジム「スマホで簡単デジタル化」ノート:ラインナップが増えているじゃん!



ショットノートだけじゃなかった!キングジムのスマホ文具

「うーん、「SHOT NOTE」じゃなくて、「SHOT DOCS NOTE」ってなんだ?」、と言うところから始まった。
過去に「SHOT NOTE」を使ってことがある僕は知らなかった。キングジムが「SHOT NOTE」以外にも、スマホ連帯ノートって発売していることを。


と、「SHOT DOCS NOTE」を1冊を手に取った。ノートを開いてみても、「SHOT NOTE」との違いがわからない。

いつものノートをデジタル化しやすく! 「ショットドックスノート」発売 | ニュース | 「ファイル」と「テプラ」のキングジム


よーく見ると、四隅のマークがない!

「SHOT NOTE」は書いた文字や図形をデジタル化するのに、キングジムから無料で使える「SHOT NOTE」アプリを使って、写真を撮る。
専用アプリは撮影した画像に写っている四隅を認識し、その内部に描かれているモノをデジタル化している。


重要だと思っていた四隅のマークが、「SHOT DOCS NOTE」にはない!
四隅のマークがなくても、書いた文字や図形をデジタル化出来るみたいだ。


「SHOT DOCS NOTE」にも専用のアプリ(SHOT DOCS APP)がある。

「アプリを起動して、「ノート撮影モード」に切り替えてて撮影するとノートを自動で撮り、台形補正・余白部分をカットし、ノート部分のみをきれいに取り組むことが出来る。
デジタル化したノートは、まとめてメール送信したり、「Evernote」、「Dropbox」などのクラウドサービスと共有出来る。」


それなら、「SHOT NOTE」なんていらないんじゃないの?なんて。
まったく、「SHOT NOTE」とまるかぶっているんじゃないの?キングジムさん、と僕はロフトの片隅でつぶやいた。


まさしくニッチな商品?「Scan Note」

僕の主観のみで「Scan Note」がニッチな商品って言っちゃダメだよな。
しかし、ドキュメントスキャナー専用のノートなんて、よく考えたなキングジム、て感じ。

スキャンノート|KING JIM


簡単に説明すると、「Scan Note」に文字や絵などを書いて、ミシン目に沿ってページを切り離し、書いたノートをスキャナで読み込んで、デジタル化するっていうノート。

「SHOT NOTE」や「SHOT DOCS NOTE」でいいじゃないと言いそうだけど、「Scan Note」はドキュメントスキャナーでスキャンしやすいように、ミシン目が付いているのが特徴。ここ一点のみの製品って言っても過言じゃない。

「SHOT NOTE」や「SHOT DOCS NOTE」で文字を書いて、スキャンしようとすると、きれいにノート一枚が断裁出来ない。ロールカッターや裁断機がないと、きれいにノートが切り離せない。
この断裁の手間をなくしたのが「Scan Note」ってことだ。


うーん、よく考えたなキングジム。
もっとニッチで、人を「こんな製品があったのか!やられたなぁ!」というデジタル文具を開発してください。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople

スポンサーサイト




ロフトで見たA4サイズ×1/3ノート「Ca.Crea」は片手で持てるノート



久々にロフトで文房具を物色

紙のスケジュールからスマートフォンのデジタルスケジュール「ジョルテ」に完全に移行して1年半。
仕事で使うメモ書きは、コクヨのA6サイズキャンパスノート、1冊。
仕事でもプライベートでも、スマートフォンとキャンパスノート、3色ボールペンだけ持っていれば事足りる。
それからというもの、なんとなく文房具から足が遠ざかっていた。


うーん、久しぶりにロフトのステーショナリーコーナーで、ノート類をじっくりと観察してみた。
そこで、気になるノートを発見!


プラスの「Ca.Crea(カ.クリエ)」という縦長のノート!
何じゃこりゃ!ッて、感じだ。

DSC_1406.jpg


Ca.Crea(カ.クリエ)
プラス株式会社ステーショナリーカンパニー / PLUS Stationery/ノート Ca Crea(カ・クリエ)-



「Ca.Crea(カ.クリエ)」の特徴としては、

■片手で持ちやすい横幅105ミリ
■ジャケットの胸ポケットや内ポケットにスッと入る大きさ
■書き午後地が滑らかの紙で、すらすらペンが走る。
■上部で見やすく、しっかり開く。
■淡いグリーンの5ミリ方眼で議事録やメモが取りやすい
■三つ折のA4書類がはみ出さず、きれいに収まる。


僕が注目した点は、三つ折のA4書類が収まる点と、横幅105ミリでジャケットのポケットに入るサイズ。
値段は399円で、少し高いかなと思う程度で。


使い方を明確にするとこれは使えそうなノート。
片手で持てて、A4サイズの書類が挟めるのがいいね。
今年僕が注目のノートかもしれない。











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople




100円ショップで憧れのリーガルパッドモドキで、出来る男になる!



リーガルパッドってメモ書くに便利

広い紙面にガンガンとメモ書きするのに、リーガルパッドのような大きなブロックメモっていいねよ。

本来、リーガルパットはアメリカのロースクールを中心に愛用されたものがビジネスでも使われるようになった。
特徴は、黄色の再生紙を積み重ね、その上辺部分を綴じたもの。
用紙上端にはミシン目加工が施され1枚ずつ切り離すことができる。



100円ショップのリーガルパッドは黄色い用紙じゃない!

このリーガルパッドモドキは100円ショップのSeria(セリア)で手に入れた。
残念なことに商品名はリーガルパッドではなくて、A5カバー付きレポートパッドって見たまま。


IMG00791.jpg

IMG00792.jpg

いま出回っているリーガルパッドの外形サイズは215mm×298mm程度でほぼA4判に近い感じ。
今回買ったレポートパッドはA5判なので、レポートのサイズは148mm×225mmで、少し小さい。
小ぶりなので、手に持って動き回るのにはいい大きさかもしれない。

でも、リーガルパットの特徴である黄色の紙じゃない!
ただの白い紙だ。


IMG00794.jpg

このレポートパッドはリーガルパッドの第2の特徴である用紙上端にはミシン目加工が施され1枚ずつ切り離すことができるようになっている。


100円にしては、十分使えそうなリーガルパッドモドキだと思うが!












↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



「ノート&ダイアリースタイルブック Vol.7」を読んでいると、紙の手帳っていいなとあらためて思う。



2013年度の手帳はどうする?

10月になると各手帳や文房具メーカーから2013年度の手帳が発売され、どの書店や文房具店にも手帳コーナーがお見えする一年で楽しみな時期。
そんな時期だからビジネス雑誌も手帳特集が組まれ、ついつい手に取ってしまう僕。


僕の一番お気に入り「ノート&ダイアリースタイルブック」が書店に並ぶと、すぐさま手に取り読みふけってしまう。
そして、手帳に思いを馳せる。




昨年10月にスマートフォンを手に入れてから、紙の手帳を捨て、アンドロイドアプリ「ジョルテ」に切り替え、アナログ手帳からデジタル手帳に移行。

「ジョルテ」の使い勝手は、紙の手帳とは違うデジタル的な便利さを感じた。

たとえば、
・スケジュールが変わっても、消しゴムで消して書き直さなくて、間単にスケジュールを書き換えらる。
・スケジュール内容のほかに、付随するメモや場所などをいくらでも書き込みが出来て、文字数を心配する必要がない。
・行動記録としてログが残り、あとから検索も容易に出来る。
・字が汚く、あとから読み返したとき、「?」ってこともあるけど、「ジョルテ」なら解読不能ということがない。



ジョルテで不便はないけど、紙の手帳が気になる

「ノート&ダイアリースタイルブック」を読んでいて気になる手帳が2つあった。

過去に3,4年ほど使い込んでいた「ほぼ日手帳」のビジネス版「ほぼ日手帳ウィークス」に、コクヨの「ジブン手帳」の2つ。


文庫サイズの「ほぼ日手帳」は、書き込むには最高だが、持ち運びには不便。
そう思う時期から数年立ち、発売された「ほぼ日手帳ウィークス」。
背広の胸ポケットにも入る「ほぼ日手帳ウィークス」の大きさと「ほぼ日手帳」と似たようなレイアウトに、「これは持ち運びにも便利なほぼ日じゃん」と胸を躍らせた。




2つ目のコクヨ「ジブン手帳」は、自分のための手帳というエンディングノート的な発想で面白い。
スケジュールに、アイデアメモ、自分史などを3冊のノートに詰め込んだライフログ手帳。
僕には使いこなすのが難しそうな手帳だ。

特に3990円という値段に、心がおののく。




とにかく、12月までには決めていこうと思う。
2013年は紙の手帳にしようか、そのまま「ジョルテ」を継続しようか。

こんなことを悩むのが楽しい時期だね。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople




↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



今度のニセ「モレスキン」メモ帳はスケジュール付きだ!



ダイソーの「モレスキン」メモ帳はいいぞ!




1年ほど前に、文房具ファンの間で話題になった?ダイソーの「モレスキン」メモ帳の第2弾だ。


ニセ「モレスキン」って言っても侮れないぞ!

あっ!、「ニセ」って言っちゃいけないか。

あくまでも、「モレスキン」になんとなく似ているメモ帳。
イヤ、「モレスキン」風メモ帳っかぁ。


そんな、ニセ「モレスキン」メモ帳。
一度、使ってみると「あれ、100円にしてはいいぞ!」って思う。
本家モレスキンノートブックと紙質、書き心地も遜色ないという噂もあった。


僕も2009年はモレスキンのダイアリーを使っていたので、本家の紙質や書き心地は、なんとなくわかっている。

だから、僕は近所のダイソーで、5冊まとめ買いをしてしまった。



今度は、ニセ「モレスキン」スケジュール帳だ!

妻がダイソーに日用品を解体というので付き合って行ったときに、発見!


「モレスキン」風のスケジュール帳だ!

それも、2013年度のスケジュール帳ってわけだ。


来年も引き続きAndroidアプリ・「ジョルテ」を使う予定なので、「モレスキン」風のスケジュール帳を買っても使う予定なし!



そうは言っても、欲しかったので買った。
そんな気軽な気持ちで買ってしまうのが100円ショップの恐ろしいところだ。



右が「モレスキン」風のスケジュール帳で、左が「モレスキン」風メモ帳。




右が本家「モレスキン・ダイアリー」手帳、で左が「モレスキン」風のスケジュール帳。
見た目はどちらが100円で、本家の「モレスキン」は分からない。






「モレスキン」風のスケジュール帳のダイアリーページ。
使いやすいとか使いにくいとかの問題でない。いかにも100円のスケジュール帳の中身だ。




これが、メモ帳部分だ。このページが全体の9割を占める。




ダイソーのニセ「モレスキン」と本家「モレスキン」と決定的に違うところは、メモやレシートなどを入れておけるポケットがないところだ。




これがあるから、モレスキンを使い続ける人もいるんじゃないのかな。
どうにか、このポケット部分を自分で作れないかと考えたこともある。











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。