QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

カテゴリー "音楽" の記事

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Jazzを知りたいなら、「ジャズ耳養成マガジン・JAZZ100年」がおすすめ



「ジャズ耳養成マガジン・JAZZ100年」創刊!

高校以来、25年間、僕はハードロックとヘビィメタルを聞き続けている。
43歳になった今も、通勤中やランニング中に聴く音楽は、HR/HM(ハードロックとヘビィメタル)一色だ。

でも、ここ2年ほど、HR/HMだけでなくJazzも聴きたいという欲求が沸いてきた。
これは、年とともに、音楽の嗜好も変化してくるのか?
イヤ、嗜好の問題だけじゃない。


発端は、「菊池成孔の粋な夜電波」を聞き始めて、Jazzはビートの緩やかな、眠たくなる音楽だけじゃない、曲によっては、ハードロックよりも激しい音楽かもしれない、と思うようになった。


僕の周りにはJazzを聴く仲間はいない。

どんなアーティストの曲を聴けば、僕好みの曲に出会えるのか分からない。
どのアルバムを聴けば、Jazzの醍醐味を味わえるのか分からない。


だから、僕は「菊池成孔の粋な夜電波」の中で流れる曲を聴くだけで、とりあえず満足するようにしている。
でも、聴けば聴くほど、Jazzを知りたいという欲求が募る。


で、ここに来て、「ジャズ耳養成マガジン・JAZZ100年」が創刊された。「ジャズ耳養成マガジン・JAZZ100年」
題目は、「今さら聞けないJazzのことを全部。聴いて読むだけでJazzが身につく」。
まさに、Jazz大学のようなCDマガジンという触れ込み。



Jazz初心者が、伝説的なJazzミュージシャンたちを知り、曲を知り、歴史的背景を知り、Jazz独特の聴き方や楽しみ方が知れるCDマガジン。
これほど、Jazzを知るのに適した教本はないかもしれない。








↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

スポンサーサイト




Galneryus(ガルネリウス)の小野正利さんのハイトーンボイスにやられるぜ!



46歳のオッサンになっても、小野正利さんのハイトーンボイスはスゴイ

アイアン・メイデン(IRON MAIDEN)に出会って、25年。
この瞬間から、ヘヴィメタルとハードロックをこよなく愛する人となり、「邦楽なんて、聴けるか!」と密かに思っていた。
だからというか、邦楽というカテゴリーに入る?日本のヘヴィメタルバンドやハードロックバンドの曲も聴かなかった。
ところが…。
あるラジオ番組で、1992年にヒットした「You're the Only…」を歌っていた小野正利さんが、ヘヴィメタルバンドで活躍しているという話を聞き、Galneryus(ガルネリウス)に到達。
僕の中では、小野正利さんは一発屋のイメージがあり、「懐かしの曲」や「あの人は今」といった番組に出演という記憶の人だった。
その記憶の片隅にあった懐かしい人が、日本のヘヴィメタルシーンを牽引するバンドのボーカリストとして存在している事実に衝撃を感じた。

とにかく、「Galneryus」と検索して、一度曲を聴いて欲しい。
これが1967年生まれの46歳の人とは思えないハイトーンボイスに魅了される!

46歳で、この声を維持するには並大抵の努力がなけりゃ無理でしょう。
46歳ともあれば、年齢とともに体力も筋力も落ちる。
日々トレーニングをして体力、筋力とも鍛え上げなくては、2時間ものライブで歌い続けることなんて出来やしない。
少し前に読んだ、大槻ケンジさんの「40代、職業・ロックミュージシャン」の中で、『SHOW・YA』の寺田恵子さんが言っていた。
『歌い続けるために、週に1回はトレーニングをして、ライブの前は週2回トレーニングをする。』
『それでも、20代のころよりも声が出なくなる。年齢に重ねるたびに歌い方を変えていかなくては歌い続けられない。』
そんな46歳のオッサンの苦労も感じさせない小野正利さんのハイトーンボイス。
マジで46歳のオッサンの声とは思えない!
40を超えたオッサンに、希望と光を与えてくれるパワーメタル。
日々のモヤモヤをハイトーンボイスとスピードで、ふっ飛ばしてくれるGalneryus(ガルネリウス)!

↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo





ヘビーメタルは、日々の仕事の不安を和らげる効果がある



日々の不安をぶっ飛ばすのに、ヘビーメタルは最高の音楽となる

僕は友人から「IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)」のテープを借りて以来、26年間ヘビーメタルファン。もちろん、ハードロックも同じように好き。


で、今や日本式ノマドを否定し、警告を発しているめいろまさんこと谷本真由美さんが「キャリアポルノは人生の無駄」の中でこんなことを書いている。

厳しい労働や経済状況に耐えて暮らしていたイギリスの工場地帯の人々が、ヘビーメタルという音楽を聴いて日々の暮らしの不安を払拭していた。
バーミンガムやニューカッスルなどのイギリスの工場地帯では、景気の悪かった70~80年代に「ニューウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ロック」というムーブメントが起こる。毎日毎日向上のラインに向かったいた労働者が、週末にアイアンメイデンやジューダスプリーストというバンドのコンサートに行き、爆音の中で歌ったり、肩を抱き合って仕事の苦しさや、将来の不安を払拭していた。




日本、アメリカの音楽シーンでは、以前ヘビーメタルやハードロックは知名度が低くて残念。東日本大震災以来、沈んだ日本の中で暮らしている僕たちの不安を払拭してくれる音楽はヘビーメタルじゃないと思わせる文章だ。
もちろん、2020年東京オリンピック開催が決定し、将来の日本に対する不安感を多少なくなり、ヘビーメタルの活躍する場がなくなったようだが…。


でも、若者や中高年にしても、自分の将来を見通せる明るい材料があることは思えない。ぶっちゃけ、将来を思うと不安しかない。そんな不安と同居するために、麻薬で不安を取り除くたように、ヘビーメタルを大音量で聴いてみるのもいいじゃないかと。











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



岡村靖幸「ライブエチケット」のライブ映像がユーチューブで公開



メタル・ハードロック野郎の僕が聞くのが「岡村靖幸」だけだ

高校生の時から25年欠かさず聴き続けたメタル・ハードロック野郎の僕が唯一邦楽で聴くのが「岡村靖幸」のアルバムだけだ。


2011年に発売された岡村靖幸のオリジナルアルバム「エチケット」。
オリジナルアルバムとしては、「Me-imi」以来7年ぶり。
収録曲は、すべてセルフカバーで、本来の意味で新曲はひとつもない。
岡村靖幸ファンにとっては懐かしい曲たちだけど、すべての曲がリ・アレンジされ、新規にレコーディングしたので、新たな気分で聴けてノレる。


なんで、岡村靖幸の曲は僕の心を揺さぶるんだろう。
ハードな曲じゃないし、バブル経済にトチ狂った時代の曲だし。
和製プリンスなんて言われていたね。(プリンス自体知らない人がいるかもしれない・・・。)

でも、「やっぱ 岡村ちゃん! 最高! ヒョーッ!」って叫ばずにはいられない。

僕の心は「ホット」で「ポップ」な気分にさせてくれる。
懐かしいだけじゃなくて、僕の青春時代を思い出せ、そして、今も青春を謳歌できるんだと感じさせてくれる。


1年前に「ライブ エチケット」のDVD&ブルーレイが発売された。
なぜか、このライブ映像がひとつだけユーチューブで公開された。
公開されたライブ映像は、「あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔をするんだろう」。




岡村靖幸のファンじゃなくても、「岡村靖幸って何?」っていう人はぜひ見てほしい。

こんなにもセクシーでカッコいいアーティストもいるんだってことを知ってほしいと僕は願う。












↓よろしければクリックをお願いします。


初めて
当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



Jazzを聴く上でJazzの知識は必要だと思うんだが・・・



オムニバスを聴いたけどいまいちピンと来なかった



1ヶ月ほど前に聴いた「BEST JAZZ 100」は僕好みのJazzオムニバスアルバムではなかった。
でも、どんなJazzを聴いたらいいのかが分からない。

その時の記事はこちら→モバイル天下百品 JAZZを知りたくてBlue Noteの「BEST JAZZ 100」を聴く! 


有名なアーティストは誰? 
定番のアルバムは何? 
どんなジャンルがあるの?

Jazzに関する知識がほとんどないから、どんなジャンルで誰のアルバムを聴いたらいいのか分からない。


あまり気分がノリノリじゃない心理状態でブログを書くときは、インターネットラジオでJazzを流している。
だた聴いているだけなので、「流れている曲は誰の?」、「この曲のタイトルは?」、「年代は?」なんていう知識は増えない。


自分が知らないジャンルの曲を聴くには、やはり最低限の知識は必要だ。
この知識を得るには、入門書が最適だと思う。

そう考え、大型書店に行ってみたが、僕が必要だと思うJazz入門書が見つからない。

人間、諦めずに探してみるとあるもんだね。
なんとなしに、近くのブックオフに行ってみたら、僕が必要だと思う入門書を見つけた!


スイングジャーナル社から出版していた『21世紀 JAZZ 百科事典』!

21世紀JAZZ百科事典 SwingJournal 2002年5月臨時増刊


これぞ、僕が求めていた入門書だ!
発行は10年前の2002年で少し古いが、Jazzの歴史や基本知識を得るのは問題ないと思い、購入。



百科事典に相応しい内容だ

・Jazzの歴史
・基礎を知る
・アーティストを知る
・楽器を知る
・名盤を知る
などなど。

「基礎を知る」では、Jazzのジャンル(スタイル)を知り、「あー!菊池さんが言っていたのはこのことかぁ」とはじめて分かった。
スイング、ビバップ、クールジャズ、ハードジャズ、モードジャズという言葉たちだ。
ここで、各スタイルで有名なアーティストとアルバム名が記載されている点が逃せない。


350ページにも及ぶ「21世紀JAZZ百科事典」は、まさにJazz百科事典に相応しい書籍だと思う。


これでしばらくはJazzに関する知識を得て、この書籍で紹介されているアルバムを聴き続ければ、自分に相応しい、好きなジャズに出会えそうだ。





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。