QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

カテゴリー "バラエティ" の記事

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




祖母のお通夜に出て、思うこと…100歳は生き過ぎだ…



100歳で天寿を全うすると、親しい人がいなくなる

昨日、亡くなった祖母のお通夜に出席。

親族席に座り、祭壇に飾られた生前の祖母の写真を見ていて、「100歳まで、生きてきたおばあちゃんって、スゴいよな。大正3年に生まれて、第一次大戦まで体験しているんだから。」と、ボーと思う。

同時に、5年前に闘病の末、65歳で亡くなった実父のことが頭に思い浮かぶ。


100歳まで生きた祖母と比較するのは、意味のあることではないけど、お焼香に来た人の数を比較すると、違いを感じる。

祖母のお焼香に来た人の数が少ない。

100歳まで生きてきたんだから、祖母の兄弟もすでに他界している。
さらに、祖母の学生時代の友達もすでにこの世にいない。
当たり前だ。祖母は100歳まで生きてきたんだから。


祖母が結婚し、子供を産み、育てたあげた土地にいた人たちも、この世にいない。
子供たちを育て上げたのちに知り合った地域の人たちや老後に出会ったサークルの仲間たちのほとんども、この世にいない。
なんと言っても、祖母は100歳まで生きてきたんだから。


平均寿命以上に生き続けていくと、自分を知っている人がひとりひとりと亡くなっていく。
自分が亡くなった頃には、誰一人、この世に残っていないかもしれない。


だから、祖母のお通夜には、ほぼ近親者しかいない。

母親を含めた子供たち。
その孫たち(僕や従兄弟たち)。
さらに曾孫たち(僕や従兄弟の子供たち)。
その他に、35年前に亡くなった祖父の兄弟の子供たち。

反対に、父親は65歳で亡くなっているから、参列に来た人は、近所の友達や会社時代の同僚など多数来てくれた。


100歳まで生きていると、血のつながった者(近親者)たちしかいなくなる。


そう思うと、最後に看取ってくれるのは、友達でもなく、知り合いでもなく、近親者になるんだろう…子供たちやその孫…。










↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









スポンサーサイト




有吉ゼミから学ぶ。先送りする人は離婚する確立が高い!



バツ1芸能人・中村昌也さんの独身生活を見て…


今回はバラエティ番組から話題。
11月8日に放送された「有吉ゼミ 離婚芸能人SP」に登場した中村昌也さんの独身生活を見て、コメンテーターの人が言った発言をログしてみた。

中村昌也さんと言えば、元モー娘の矢口真里さんとの元旦那さん。
で、放送された中村さんのひとり暮らし生活の映像から、こんな問題点が!

■ソファーが汚れている。
■ティシュが切れていても数日放置
■流しに洗い物が残っている。二日に1回洗い物をする程度。
■玄関の靴が横倒しのまま、数週間放置。
■150着服を持っているのに、クローゼットの中が整理できていなく、乱雑。


これを見ていた心理カウンセラーの人が中村さんの心理状態を、
ズバリ!
「問題を先送りにする人」
と言い放つ。


ちょこっとしたことを先送りにする性格。
問題が見抜けない、鈍感さを持っている。
日常生活のちょっとしたことを先送りにする人は、夫婦間の重大な問題も先送りにする。


そういう人は、基本的に楽天家で、「まっいいか。」という感じで物事を先送りにしていく。相手の中では、物事が大きくなっているのに、気づけない。ということがある。



これって、僕のこと? なんて思ったね。
妻に「基本、あなたは物事を先送りにする性格ね。」とよく言われる。
ってことは、夫婦間の重要なことが見抜けず、それとも、自分で問題点に気づいているのに先送りにして、取り返しが付かなくなるパターン?。

いつか、妻が愛想を切らして、「浮気され」→「離婚」という流れになるのか。


そう、僕のスマートフォンのTo-Doアプリには、終了していないタスクがたくさん放置されている。
「今日こそ、このタスクをやらなければ!」なんて通勤時にスマートフォンを見ながら思っていても、昼過ぎには「まぁ、今日じゃなくてもいいかな。明日にしよう。」と先送り。


妻にも、会社にも愛想をつかされる前に、「物事を先送り」する習慣を断ち切らなければならない。








↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople




電波少年的:鮒子さんは、冒険家であり、ママチャリニスト



ママチャリで日本縦断8786キロを走り抜けた女


懐かしいんでTSUTAYAで「電波少年BEST OF BEST」をレンタル。



ここに鮒子さんという冒険者の姿を発見した!


この企画タイトルは「鮒子のただ食い旅」というもの。鹿児島から北海道の稚内まで、ママチャリで旅をし、その土地でただで豪華な食事を食べていく。
ただで豪華な食事を食べるという方法が、「結婚式場に行き、出席者のキャンセルがある披露宴を探し、頼み込んで出席させてもらい、豪華な食事をただで食べる」というくだらない企画。


「鮒子のただ食い旅」のゴール近くのシーンに、僕が震え、ある種の感動を呼び起こした。

北海道の吹雪の中、雪が積もっている路面をママチャリで走っている姿。
外の世界はマイナス12度。吹雪で前に進まないママチャリを、必死の形相で、立こぎで挑む鮒子さんの逞しさ。

37歳の女の人がやることではない。くだらないことを必死にやる姿。
ここまで駆り立てる魂は何だろうか?
視聴者にこの姿を見てくれて楽しんでもらうとしているタレントの性なのか。

旅は終わった・・・183日、8786キロのママチャリの旅





↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

               Add to Google  Subscribe with livedoor Reader

  この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople



『第4回AKB48総選挙』を40過ぎのオジサンが語るぞ!



6月6日に19時よりフジテレビで『第4回AKB48総選挙』を生放送。

妻に「他のテレビに変えていい?」と言うと、妻と子供たちに「見ているからダメ」と言われる始末。
しかたなく、一人ご飯を食べながら『第4回AKB48総選挙』を番組終了の30分だけ見た。


『第4回AKB48総選挙』の結果は


○10位 松井 玲奈 (42,030票)
10位松井怜奈
ごめんなさい。誰だがわからない。




○9位 松井 珠理奈 (45,747票)
松井 珠理奈
ごめんなさい。誰だがわからない。




○8位 板野 友美 (50,483票)
板野 友美
さすがに板野さんは知っています。
イーモバイルの人だね。




○7位 小嶋陽菜 (54,483票)
小嶋陽菜
ごめんなさい。誰だがわからない。




○6位 高橋 みなみ (65,480票)
高橋 みなみ
さすがに高橋さんは分かります。
よくテレビに出ていますもん。




○5位 篠田麻里子 (67,017票)
篠田麻里子
この篠田さんも近頃見るようになったので分かります。




○4位 指原莉乃 (67,339票)
指原莉乃
笑っていいともで見る人だね。




○第3位 柏木由紀 (71,076票)
柏木由紀
テレビで見た記憶があるんだけど、いまいち思い出せん。




○第2位 渡辺麻友 (72,574票)
渡辺麻友
第2位なのに、誰だがわからない。
ごめんなさい。




○第1位 大島優子 (108,837票)
大島優子
さすがに、大島さんを知らない人はいないだろう。




ここ10年くらいテレビをあまり見たくなってから、ますます若いアイドルが分からなくなってしまった。
同じ顔に見えるようになったのは、年のせいかな?
でも会社の同僚は『第4回AKB48総選挙』をバッチリ予約録画をして来たと言っていたから年のせいではないらしい。







↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople





「モヤモヤさまーず2」を見ていると紀行番組より散歩番組だな。



散歩



ここ数年散歩番組が熱い。

では、散歩番組を集めてみると、専業主婦からおじいちゃん、おばあちゃんまで人気がありそうな「ぶらり途中下車の旅」と「ちい散歩」。
この2作品が王道と言われる散歩番組で誰もが納得だろう。




この2番組に立ち向かうというよりわき道からひょいと出てきた番組が「モヤモヤさまーず2」という感じだ。
当初は深夜の枠組みで始まった番組だが、2010年4月から日曜の19時のゴールデンに移った。
番組は北新宿・東中野・新高円寺などの街をさまーずの2人と大江麻里子アナウンサーのボケぶりがあいまって独特な魅力がいい。


このような3つの番組とは趣が違うNHKの散歩番組がある。
タモリさんの「ブラタモリ」。
「モヤモヤさまーず2」のようにグタグタなノリとは違い、さすがNHKという感じでしっかりと下準備と詳細に調べられて内容と技術で「現代の街とその歴史の名残」というテーマを持っている。
「あ~っそうか」って思わず頷いてしまう番組だ。

バラエティーとしての面白さと私の趣味から言うと「ブラタモリ」より「モヤモヤさまーず2」かね。
「ブラタモリ」はNHKにしてはユルい感じの演出だが、肩の力を抜いて見る番組ではない。
「散歩は力を抜いてのんびり」という雰囲気をかもし出す「モヤモヤさまーず2」の方が好きだ。



そしてNHKで伝説の人気番組という噂のある「世界ふれあい街歩き」。
いままでの散歩番組は都心など住んでいる近所感を中心としたモノだが、こちらは世界の街を散歩。
リポーターはいなくナレーションのみで番組は進んで行く。
ワンカメラ(実際は違うとは思うが)で画面が進んで行き、実際に街の中を歩いているような演出。
ぜひ、DVDを買ってでも見てほしい番組である。

さらに番外編。
散歩番組と言うのは違うかなとは思うが、神奈川テレビ(tvk)で放送しているデビット伊東の「あっぱれ!KANAGAWA大行進」。
このようなローカル色が強い散歩番組がそれぞれの地方局で作られたら面白いのにな。


↓よろしければクリックをお願いします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。