QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

カテゴリー "日常" の記事

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「消費税率8%になった4月1日に何か買った?」「僕は飴と本を買った。」



消費税率8%になった今日

17年ぶりに消費税率が上がった今日、あなたは何を買った?
5%から8%に消費税率があがり、今日はモノを買うのに一瞬、躊躇するよね。


僕は、朝、駅構内のNEWDAYSで、のど飴を買った。
昨日までは、100円を払っていたのに、今日は103円払った。

1円玉が財布の中にないと、税込み103円の飴を買うときに、110円を出して、7円お釣りをもらうことになる。
財布の中は、1円玉だらけになりそうだ…。

さらに、会社帰りに書店に寄り、北大路公子さんの「枕もとに靴」を買った。
590円+8%税の支払い。
地味に財布の中を直撃する。


前日のブログでは、消費税率8%にあった生活の仕方に変えていかないと、時期に破綻するという話をしたのに、消費税率5%の生活とほぼ変わらないお金の使い方。


なぜ?お金を節約できないのか?
なぜ?お金を貯めることができないのか?

それは、お金に対する感覚が欠点だらけだからだ。
お金に対する感覚がいい加減で、同じ100円でも時と場合によって、軽く感じたり、重く感じたりと感覚的に価値が変わる。

例えば、汗水垂らして働いて得た3万円よりも、宝くじで幸運にもたまたま手には入った3万円とを比較すると、後者の方が大事に使わない。
3万円というお金は、それ以上でもそれ以下でもないのに…。

お金の価値はどんなときも変わることはない。
定期預金にも限らず、給料の振込口座のお金も、財布の中のお金も、クレジットカードの利用額も、臨時で入ったお金も、すべて同じように大切にするべきだ。


100円で買った飴と103円で買った飴は、同様の感覚の価値観で買ってしまったわけだ。
103円の飴は103円という価値(金銭価値)であると、しっかりと認識をする。
消費税率5%の時に買ったときの飴(100円)より、3円余分に支払った飴という認識を持つ。


お金の価値は、普遍的で心の状態により、モノの価値が変わることはない。









↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





スポンサーサイト




消費税8%時代の生活の仕方を考える



今まで通りのお金の使い方では、破綻する

今日から、消費税率が8%になった。
17年ぶりの消費税率の引き下げ。
消費税が5%から8%になって、自分の生活にどのような変化を与えていくんだろうか?

100円(税込み)のノド飴をコンビニで買えば、今日から103円お金を支払わなくっちゃいけない。


・東京-新宿間の運賃190円が200円
・タクシーの初乗り運賃710円が730円
・NHK受信料1225円が1260円
・スターバックスのコーヒー300円が302円
・自動販売機のコカコーラ120円が130円

になる。

ざっと、1年間の家計の負担増は、平均9万円にもなる。
年収400万から450万年の家計では、約7万円の負担増。

<3月31日付けの産経新聞より>



ここ数年、賃金なんてほとんど上がっていない。
なのに、消費税率だけはあがってくる。

もらう賃金は変わらないのに、物を買って出ていくお金は消費税増額分だけ増えていく。

すべてのモノに対して、今までよりも3%多くお金を支払う必要がある。
さらに、数年経つと消費税率が10%になる。
今までより5%多くお金を支払う必要がある。

残念なことに、数年経っても、もらう賃金はほとんど変わらないのにだ。


そのことを踏まえて、今まで通りに消費していては、生活が破綻してしまう。

今日からは3%分支出を抑えなくてはいけない。
さらに3年先を見据えて、5%分支出を抑えるような生活に改善していかないといけない。


例えば、
週末の外食をなくして、家で料理をして食べる。
もちろん、妻だけ負担を強いらないで、夫である僕も料理をして、負担を分担する。

さらに、自動車を手放して、交通機関・自転車・カーチェアリングなどを利用する。
ガソリン代、自動車税、保険、高速代などで、約10万円以上節約できる。

さらに、通信代。
スマートフォンを格安SIM・仮想移動体通信事業者(MVNO)に変更して、LINEなどを使用すれば、月4000円ほど安くできる。


これからは、月の固定費を、抑える方向にシフトしていくことが必須になる。

窮屈な生活に落胆するのではなく、抑えてもいいところは、値段を抑える方向にシフトをする。
必要じゃないところは、スパッとやめる。
自分にとって、必要なところは、価格を据え置き。


という風に、自分で的確に判断をし、選んでいく。
「なあ、適当で良いかぁ。」なんて言う判断は、生活を圧迫していく。

今までのライフスタイルをシフトしていく。




↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。












妻とふたりで四万温泉「鍾寿館」で大人の休日



大人の隠れ家的温泉宿「鍾寿館」を堪能

群馬県の四万温泉に行ってきた。
娘ふたりを妻の実家に預け、結婚以来9年ぶりにふたりで旅行。
妻のお母さんには「のんきな夫婦だね。」と呆れながらも、孫を預かってくれた。

で、なんで群馬県の四万温泉へ。
日々の疲れを癒やすため、何にもしないのんびりとした温泉旅行を楽しもうと、10年前に妻が行った「鍾寿館」に決めた。

妻との旅行も付き合い期間を入れて、2回目という悲しい話で、結婚して、旅行に出かけたのも、3回目(すべて、子供込みの家族旅行)。

そりゃ、妻も気合が入るふたりだけの旅行。



久しぶりに電車に乗り、旅行に出かける

あえて自家用車ではなく、上野駅から電車とバスを乗り継いで、四万温泉に向かう。





ほぼ15年ぶりの新幹線に心を踊らせた1時間。
高崎駅から吾妻線で中之条駅に行き、路線バスで40分で小雪が降る中、四万温泉「鍾寿館」。

時刻は18時。

ほっと、息をつく旅館の全景。




家族風呂もいいし、露天風呂も最高

数年ぶりに妻と一緒に風呂に入る。
家族風呂は3つあり、こじんまりとした内風呂。

一の湯は、石造りの家族風呂。
二の湯は、檜造りの家族風呂。
三の湯も同様に檜造り。

24時間いつでも使える風呂。ここで、汗を洗い流し、さっぱり。


さあ、その後は楽しみの夕食。
海に近い旅館ではないので、料理にそれほど期待されるもんじゃない。




さあ、お腹もいっぱいで心が満たされ、この幸福感をさらに高めるために、期待の露天風呂に妻と行く。



ここも、貸し切り温泉。
妻とふたりで露天風呂を堪能。
小雪が舞い降る中、露天風呂に入り、心と体に幸福感を満たす。

貸し切り露天風呂「山里乃湯」。
2,3人入れる貸し切り露天風呂が3箇所ある。

ここは時間指定で、夜9時までしか入れない。




夫婦や恋人としっぽりと入るのに、ベストな露天風呂かもしれないが、あえて男ひとり、妄想をはせるのもいいかもしれない。


「鍾寿館」は、大人のための温泉宿。

料理に期待するのは禁物だか、大正の雰囲気を堪能でき、ノスタルジーを感じる旅館。

熟年夫婦や恋人たちが温泉を通して、深いつながりを再確認でき、よりより関係を作れる場所。

それとも、ひとりで、人生を見つめ直すために行くのもいい。

とにかく、温泉宿として、心も体も癒やされ、ゆっくりとした時間の中で、ひとりいろいろと考え事をするのもいい。

そんな温泉宿…。





↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




東日本大震災から3年:これから何をすればいいのだろうか?



震災のリアル感が日々、薄れてきている中

今日、3月11日で、震災発生より3年がたつ。

神奈川県に住んでいる僕は、震災から半年で通常の生活にほぼ戻り、震災を思い出すのがテレビや新聞などのメディアのみという状態。

けして、震災を忘れた訳じゃない。
震災の影響を受けた人々(被災者)の存在を忘れた訳じゃない。

僕のまわりには、震災の影響を受けた人も被害にあった人もいない。
直接、被災地の話を聞くこともなく、メディアから受ける情報でしか、自分の目や耳に入ってこない。

僕にとって、被災地はメディアからの映像・情報から取り入れたモノでしかなくなっている。

自分の中では、ストーカー殺人、バス事故、オレオレ詐欺、幼児虐待、冬季オリンピックなどのニュースと同等に震災の復興、原発被害を扱っている。


首都圏直下型地震が起こったときの教訓として

でも、忘れちゃいけない。

マグニチュード7級の首都圏直下型地震が起きたとき、どのように自分が行動しなくてはいけないのか、3年前の東日本大震災が教えてくれていることを。

今回は、僕たち家族が震災の被災者にならなかっただけで、次の震災で僕らが被災者になる可能性は大いにある。



そのために、日々どのような対策を施せばいいのか?

指をくわえて、震災が起こるのを待っていたんじゃ、自分も守れないし、家族も守れやしない。

いざ、震災が起きたとき、家族との連絡方法は? 食料の確保は? 寝る場所は? 集合場所は? などなど、震災に備えてやるべきことは多い。

震災が起きたときに、どのように行動をすればいいのか、家族間でルールを決めるべきだ。

さらに、行政は震災に対して、どのような対策を行っていくのか? 今やっている対策はどんなことなのか?を知っておくべきだ。


ただ、テレビを見て「被災地は大変だ。」、「仮設住宅で暮らしている人々は大変だ。」と思っているだけじゃダメだ。

数十年後に起こるであろう首都圏直下型地震で、自分の命・家族の命を守るための対策を、東日本大震災から学びとり、日々、備えていかなくてはならない。

そうじゃなくては、東日本大震災から何ひとつも学ばなかったことになる。

それじゃ、悲しいじゃないか。




↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









2週続きの大雪の中、妻からのバレンタインデーのチョコレート



雪なんて、もう結構だと思う、金曜日



金曜日の朝にこう思ったね。


「積もるほどの雪なんて、降るはずがないじゃん。」
「2週続けて、何十センチも積もる雪なんてないでしょう。天気予報通りに大雪は降らないな。」

なんて、自分勝手な妄想、天気予報。



ちらちらと横浜の空から降る雪を見つめながら、レインコードを着て、ママチャリで駅に向かう。

妻には、「夜まで雪が振り続けるんだから、自転車で行かないで、バスで駅まで行ったら。」と、呆れ顔で言われる。

『男には、雪でもママチャリに乗って、駅に向かい、会社に行かなくっちゃいけない時もあるんだよ。』と呟きながら、ママチャリをこぐ。


風と共に小雪が顔にかかる。
風に舞う雪を睨みながら、ママチャリをこぐ。

「なんて、綺麗な雪だ。」と、景色に見惚れる。

金曜の朝じゃなかったら、こんなセンチメンタルな言葉なんて浮かばない。


やっぱり、天気予報はあたる。

仕事を終え、会社を出る頃には、地面に雪が積もるほどの雪が舞う。

電車は、積雪のために本数を減らし、運転。
ホームには電車を待っている人で混雑。
すし詰め状態の電車を3本見送り、やっと乗れる。

ビジネスシューズの中は、水で湿り、靴下を濡らす。
「足が冷たい…」

よく見たら、ビジネスシューズの両足ともソールがぱっくりと開いている。
それじゃ、雪がビジネスシューズの中に入るはずだ。

雪がしんしんと振り続ける中、ママチャリを駐輪場において、バスで自宅に向かう。


雪で濡れた靴下で体を震わせながら、自宅にたどり着くと、妻からバレンタインデーのチョコレートをもらう。



仕事で疲れきった心と雪で冷えきった体が、ホッとした瞬間。




↓よろしければクリックをお願いします。 
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。