FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スマートフォン、iPadなどモバイル全般を仕事にプライベートにどのように役立つのかを模索し楽しむブログ。さらに、ビジネス本、ノンフィクション本、ライフハック、ランニングの話題も

タグ "アプリ" の付いた記事

GALAXY Note IIを触りだして、「ARROWS X F-02Eは残念だなぁ」と改めて思う



GALAXY Note IIは安心して使っていける、バランスのとれたニッチなスマートフォン

いまさら、ARROWS X F-02Eの不満点を述べたところでも、仕方がないが、
GALAXY Note IIを使い始めて、『実に、ARROWS X F-02Eは惜しい機種だな。ほんと、残念だよ。』と思わずにはいられない。

ARROWS X F-02Eにあって、GALAXY Note IIにないところは、

□5.0インチ Full HD(1080×1920)
□IPX5/IPX8、IP5Xの防水仕様
□FMトランスミッタ搭載
□約1630万画素 CMOSカメラ搭載
□指紋認証搭載

と、ディスプレイの大きさ以外、ARROWS X F-02EのほうがGALAXY Note IIより断然ハイスペック。
ここまで、機能満載のスマートフォンがないってくらいに、ARROWS X F-02Eはハイスペックだった。

でも、ARROWS X F-02Eはバランスが悪かった。

・バッテリーが持たず、12時間程度で、バッテリーがカラになる。安心して、外に持ち出せない。
 なので、予備バッテリーを1個とモバイルバッテリーを1個、カバンの中に入れていた。

・NVIDIA Tegra 3の発熱量が高く、本体裏側がホッカイロ状態になる。
 一度、本体が熱くなり、警告が出た。

・NVIDIA Tegra 3の特徴で、CPUに負荷がかかっていないと、クロックを下げて、バッテリーの消耗を抑える。
 この機能が災いして、高性能なTegra 3を搭載していても、動作がモッサリ。
 RSSリーダー「gReader」で、気になるブログを読んでいても、負荷が少ないので、Tegra 3はクロックを下げるので、動作がモッサリ。

完全に、NVIDIA Tegra 3のチューニング不足により、バッテリーの消耗も激しく、全体的に動作がモッサリ。


GALAXY Note IIを持ちだそう!:アプリをインストール

とにかく、ARROWS X F-02Eから、GALAXY Note IIに切り替えたいので、ARROWS X F-02Eで使用していたアプリをそのままGALAXY Note IIにインストールをした。
ARROWS X F-02Eの使い勝手を考えて、厳選したアプリたちなので、そのまま継続して使っていきたい。
GALAXY Note IIの横に、ARROWS X F-02Eを置いて、各アプリをインストール。

ここからのスナップショットは、GALAXY Note IIにインストールしたアプリ

Screenshots_2014-03-04-22-42-12.png Screenshots_2014-03-04-22-42-22.png Screenshots_2014-03-04-22-42-32.png Screenshots_2014-03-04-22-42-40.png Screenshots_2014-03-04-22-42-49.png Screenshots_2014-03-04-22-42-57.png


Screenshots_2014-03-04-22-43-06.png
Screenshots_2014-03-04-22-43-16.png


こんな感じで、GALAXY Note IIを使い始めようかと…。





↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加
このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

スポンサーサイト



続きを読む

関連記事




Linux:Xubuntuでインターネットラジオを聴きながら、ブログを書く



ブログ執筆環境が整ったら、次はミュージック環境を整えたい


すっかり、AspireONE AOA150にブログ執筆環境が整い、新しいWindows8ノートパソコン購入計画が頓挫してしまった感がある。


遊び半分で構築したLinux環境が思いのほか、ブログを角煮に使える驚きと喜びで、「もっと、もっと快適なブログ執筆環境にしたい!」という想いが湧いてくる。


ブログを書いている時や表計算アプリ「Gunmeric」でちょっとした仕事をしている時に、音楽があるといいね。
凝り固まった思考を解きほぐし、頭をリラックスさせ、思考の妨げにならない、JAZZやクラシック音楽を聴きながら作業したい。


特定のジャンルの音楽をランダムで聴かせてくれるといえば、インターネットラジオ。
その分野で有名なのが、SHOUTcastを使ったサービス。SHOUTcast - Wikipedia


僕が求めているアプリは、SHOUTcastが聞ければいい。たったそれだけの願い。


Linux:XubuntuでSHOUTcastを聴くなら、Streamtuner2が最高にいい!


Ubuntuソフトウエアーを起動させ、「Streamtuner2」と検索し、スパっとインストール。
Streamtuner2単体ではストリーミング配信曲を再生することが出来ないので、音楽プレイヤーを別途インスールする必要がある。

Streamtuner2で、設定されているの音楽プレイヤーは、「Audacious」
Ubuntuソフトウエアーで、「Audacious」と検索し、インストール。

スクリーンショット - 2014年02月15日 - 15時06分17秒

これで、24時間365日、自分の好きなジャンルの音楽を聴くことができる。
アプリも無料、ストリーミング配信曲を聴くのも無料。
なんて、いい時代になったんだと心から思うね。


この記事も「Streamtuner2」で静かめのJAZZを聴きながら、Markdownテキストエディター「ReText」で書いている。





↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事




モブログ始めました:Andloidスマートフォン「ARROWS X F-02E」とMarkDown記述で瞬速ブログ



MarkDown記述に対応したAndloidアプリ「MdReader」でモブログ

「モブログ始めたした。」って言っても、すべてスマートフォンでブログ記事を投稿しているわけじゃない。
そう書くと、「タイトルに偽りあり」って感じかも。

一応、「モブログ」というを簡単に説明すると、

携帯電話やスマートフォンを使って、短い文章やカメラ機能で撮影した写真などを頻繁に投稿するという形態
パソコンを使わずに、携帯電話やスマートフォンでブログの更新という形態

すべて、パソコンを使わずに、スマートフォンだけで、ブログ記事を投稿して更新するということ

僕はパソコンを使わずに、ブログを更新するスタイルは得意じゃない。
なので、スマートフォンはあくまでサブという感じで、ブログを更新していく。

ようは、通勤電車の中や仕事の合間などのスキマ時間に、ブログ記事の下書きをスマートフォンでしていくというものだ。

えっ! こんなこと以前からやっていたじゃん!と言うでしょうね。
確かに、Andloidアプリ「FC2ブログ」で下書きをして、パソコンで画像やリンクなどを貼り付けて更新していた。

でも、「FC2ブログ」+「フリック入力」というスタイルが好きじゃない。
気軽に、ブログ記事が書けるほど、快適じゃなく、利便性も良くない。


もっと、記事を書くことに集中でき、なおかつ、文字の強調や見出しなども、同時に仕上げたい。
パソコンで加工することをもっと少ないして、スパっと記事を後悔したい。

こんな贅沢な欲求を叶えてくれるのが、MarkDown記述でブログ記事を書くことだと、一週間前ほどに気づき、パソコンもMarkDown記述に切り替えた。

本当に便利。
テキストエディターで記事を書いている感覚で、ブログ記事を書く。
文字を打つと同時に、タグまで記述できるので、集中して記事が書ける。

では、Andloidスマートフォンに「MdReader」をインストールしてみよう。 MdReaderアプリ

では、実際に記事を書いてみる。
上右の「+」で、新規記事を作成し、ファイルネームを入力。

下の方に、よく使うタグのアイコンであるので、見出しを書きたいなら、"#"を押して、見出しを書く。
文字を強調したかったら、"B"を押せば、強調。 改行したかったら、"→"を押せば、スペース2回分となる。






こんな感じで、必要なタグを下にあるアイコンから選ぶだけ。
それだけの手間なので、記事を書くのに集中でき、テキストエディターで記事を書いている感じだ。

ちなみに、今回の記事の大半は、Andloidスマートフォン「ARROWS X F-02E」と「MdReader」で書いている。


「MdReader」で作成したファイルをDropboxで共有して、パソコンの「Blogilo」で仕上げている。 MarkDown+「MdReader」で、テキストエディターで書いているかのように、記事の下書きが出来るようになった。

言っていくけど、僕は「モブログ」では、ブログを更新はしない。 私が決してモブログをやらない392の理由






↓よろしければクリックをお願いします。

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事




Androidアプリで習慣化支援がないとお嘆くあなたに送る:Goal Traccker



日々、習慣を身につけるのに、必要なAndroidアプリ




去年から、自分にとって良い習慣を身につけるために、悪戦苦闘しているぺい一太郎。
昨年から、いろんなブログを読んで、良い習慣は自分の人生を良い方向に変化をしてくれるもんだと、信じさせてくれた。

なら、僕も、良い習慣を身につけるために、『日々、切磋琢磨しよう!』と、心に決めて、実行している。
でもね。自分一人だと、モチベーションが3日と続かず、少しずつ挫折街道を歩んでしまうんだよね。


そう、モチベーションを保つために、習慣化を支援してくれるアプリを使うと、いい。
でも、ハック系のブログを読んでいると、習慣化を支援してくれるアプリってiPhoneが多い。
僕のメインはAndroidスマートフォンで、ブログで紹介されているiPhoneアプリって、Androidにはないんだよ。


iPhoneアプリで有名な習慣化支援アプリを紹介すると、

Streaks – Motivational Calendar 3.3.3(¥200)
Good Habits 1.0.1(無料)


この2つの中で、僕が習慣化を目指すのに切望しているアプリが”Streaks”なんだ。
これは、『それぞれの習慣をポップなカラーとデザインで表してくれるシンプルなアプリ。
現在継続している日数とこれまでの最長継続日数を表示してくれる』


超残念なことに、Androidアプリ版はないんだよ!


と、半年ぐらい”Streaks”を横目で見ながら、別のアプリを使用していた。
ところが、”Goal Traccker”というAndroidアプリを見つけた!



習慣化支援アプリ”Goal Traccker”とは、こんなアプリだ!


GoalTracker - Google Play の Android アプリ

習慣化を目指している項目が一覧で見れる。
例えば、ランニングを実行したら、日にちをタップすると、チェックマークされる。
読書の項目を見てもらうと、1月3日は、”読書”を実行できなかったので、日にちを2回タップして、☓マークにする。






さらに、”ブログ執筆”をタップすると、カレンダーが開き、1ヶ月の成果を確認できる。




これを見るたびに、モチベーションもあがる。
「ほぼ、一ヶ月、毎日、ブログに記事書いているじゃん! 俺ってスゴイ!」、と自分を褒める。


一ヶ月間、”Goal Traccker”を使っているけど、シンプルに使えて、さらにシンプルなインターフェースに見やすい画面。
無料で使えるから、さらにモチベーションもアップ!


良い習慣を日常に取り込んで、新しい自分を発見するには、最良のアプリだよ!
みなさん、使ってみてね!




↓よろしければクリックをお願いします。
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。 もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
Add to Google Subscribe with livedoor Reader
この記事をはてなブックマークに追加 このブログを登録 by BlogPeople

=-=-=-=-=
Powered by Blogilo

関連記事




マジ、スゴイ!オフラインで Wikipediaの全項目を丸ごと読める「 WikiDroyd」!



Androidアプリ「 WikiDroyd」は、究極のヒマつぶし Wikipedia辞書だ!

small__4744866167.jpg

紛れもない、そのウィキペディアでした。使用方法は、各言語のライブラリが表示されるので、必要な言語にチェックを入れ、あとはダウンロード、閲覧というシンプルかつ乱暴なもの。
人々の努力、英知の結晶を、スマホに入れさせていただきました。入れたあとの使用方法は、トップ画面から語句を入れて検索するか、あとは「ランダム記事」をタップしまだ見ぬ言葉の探検へ出かけるというのもありですね。通信を切って色々検索してみましたが、ちゃんと閲覧できました。
Wikipediaの全項目を丸ごとダウンロード! 衝撃的オフライン辞書アプリ『WikiDroyd』



電波が入らないオフライン状態で、 Wikipediaが検索できるなんて、スマートフォンが最強の電子辞書になったってことだ。


ダウンロード容量は2G。 Wikipediaの全項目が丸ごと入っているなら、大した容量じゃないな。
マジで人智を超えた知識が、スマートフォンに入っていると思えば、大した話じゃない。
不満なら外部のmicroSDカードにアプリを移動すればいいさ。


普段、持ち歩いている「 ARROWS X F-02E 」には、始めから「富士通モバイル総合辞書+」と、そこら辺の電子辞書に負けていない豊富な辞書がインスールされている。
広辞苑、現代用語の基礎知識、角川類語辞典、などなど。


電子辞書として最強な「ARROWS X F-02E 」に、全項目検索可能な 「Wikipedia」が加われば、文章を書くには何も困らない。


マシで、ポメラDM11Gと ARROWS X F-02E があれば、どんな文章だって書けそうだ。











↓よろしければクリックをお願いします。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Add to Google Subscribe with livedoor Reader

この記事をはてなブックマークに追加

このブログを登録 by BlogPeople
関連記事